たかがヤマト、されどヤマト

日本チョウ類保全協会企画展のお知らせ

このお知らせは12月17日まで掲載します。
新しい記事はこの下になります。


◇◇企画展「チョウが消えてゆく〜絶滅の危機にあるチョウを守る〜◇◇

 毎年、新宿御苑にて開催しております企画展を、今年は、下記の日程で開催いたします。
チョウの生態写真(約65点)のほか、絵、保全に関するパネルなどの展示を行います。
土日(16-17日)には、ミニ講演会も開催されます。
ぜひお友達とお誘いあわせの上、ご来場くださいますようにお願いいたします。

日 時:2017年12 月12 日(火)〜 12 月17 日(日)
      9:00 〜 16:30(最終日は15:00 まで)
場 所:新宿御苑インフォメーションセンター1F(新宿門左側)
     「アートギャラリー」
     ※入場無料
     http://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/3_event/201712.html

アクセス:JR・京王・小田急線:新宿駅南口 より徒歩10分
        東京メトロ副都心線:新宿三丁目駅より徒歩5分
        東京メトロ丸の内線 ・都営地下鉄新宿線:新宿御苑前駅より徒歩5分
     http://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/index.html

内 容:チョウの生態写真・絵画・工芸品・チョウの保全に関するパネル、ほか

<ミニ講演会:16〜17日(土・日)に開催>  ※申込は不要です

 16日(土)  1 回目 11:00 〜 11:30
          「絶滅危機のチョウを守る」 中村康弘(日本チョウ類保全協会事務局)
        2 回目 13:00 〜 13:30
          「フランスのチョウと自然」 永幡嘉之(自然写真家)
        3 回目 15:00 〜 15:30
          「チョウの写真・動画撮影を楽しむ」 佐々木幹夫・清水晶(日本チョウ類保全協会会員)

 17日(日)  1 回目 11:00 〜 11:30
          「絶滅危機のチョウを守る」 中村康弘(日本チョウ類保全協会事務局)
        2 回目 13:30 〜 14:00
          「フランスのチョウと自然」 永幡嘉之(自然写真家)

以上、皆さまのご来場をお待ちしております。

***************************************************************************
特定非営利活動法人 日本チョウ類保全協会 事務局 井上晴子
   140-0014 東京都品川区大井4-1-5-201
TEL/FAX 03-3775-7006 携帯:090-5574-5433
   Email: jbutterflyconservation@gmail.com
   http://www.japan-inter.net/jbcs/
   協会ブログ:http://jbcs.blog.fc2.com/
**************************************************************************

MLホームページ: http://www.freeml.com/jbcn-members

# by otto-N | 2017-12-18 00:01 | Comments(0)

2107.11.13 千葉県・江戸川河川敷 ヤマトシジミ   2017.11.23 (記)   

2017.11.13
江戸川河川敷の広大な土手に行く。

朝一番、と言ってももう10時近く。体温を上げるために日を浴びている♂の姿が目につく。
a0181059_09085455.jpg


そのうち、♂が飛び回り始めたが♀は飛び古した個体ばかり。やっときれいなのが見つかった。
a0181059_09120244.jpg


背面から撮るとどれも同じ感じになってしまう。
a0181059_09125091.jpg


飛び移ってクロバーの葉先にとまる。
a0181059_09150172.jpg


そして開翅。靑が輝く位置を探す。
a0181059_20043179.jpg


二つ目のブルー。開き始めたので少しずつ近づく。
a0181059_09175096.jpg


真後ろからV字開翅を狙うがやはり中央しかピントは合わず、少し左により引いて深度を上げてごまかす。ボサボサに見えるけれど縁毛もそろっており新鮮な個体だったがすぐロスト。
a0181059_09185307.jpg


その後はさっぱり奇麗な♀は見つからない。午後になって見つかったちょっとだけ縁毛の擦れたこの個体。朝に撮ったものと似ていると思いつつ、かなりの枚数を撮った。
a0181059_10312184.jpg


後で詳細に調べると午前に撮った個体と同じだった。右前翅の翅頂部付近に小さな欠けがある。
a0181059_09255113.jpg


お決まりのポーズ。南向きの斜面なので撮りやすい。
a0181059_09301862.jpg


右からのほうがよくブルーが輝いた。
a0181059_09322076.jpg


他のブルー。擦れたものも一応撮っておいた。なにしろ老眼なので撮ってからモニターで拡大しないと鮮度が判らない。飛んでいるとき、飛び方と色で♂♀の判定はつく。靑鱗の載りは千差万別。靑が載ってなくても奇麗な個体も多い。
a0181059_09443758.jpg


ヤマトシジミは全開することはほとんどないが、風にあおられ180°の開翅。最高に輝いた瞬間。当然、露出オーバーになってしまったが・・・
a0181059_09493147.jpg





# by otto-N | 2017-11-23 16:26 | Comments(1)