たかがヤマト、されどヤマト

11月のルリシジミ~開翅 (2010.11.24)   2011.1.2

2010.11.24
午後、公園の片すみで、ルリシジミを発見。少し飛んでは葉に止まり、葉の表面にストローを伸ばし、何かを吸うことを繰り返していた。

午後の日を浴びて開翅するルリシジミ♂
a0181059_16465296.jpg


ストローを伸ばし、何かを吸っているルリシジミ
a0181059_16483841.jpg


日の当たる葉の上に移動。そして開翅。日は翳ってしまったが、翅は開いたままだった。
a0181059_16493521.jpg


人がそばを通ったので、別の葉に移ったが、すぐに開翅した。
a0181059_1651639.jpg


左から撮影
a0181059_16512689.jpg


また移動したが、開翅
a0181059_16514428.jpg


左前から撮影
a0181059_1652535.jpg



この日、もう帰ろうと思ったとき、ルリシジミを見つけた。
少し飛んでは、盛んに草の表面にストローを伸ばし、また飛ぶことを繰り返していた。開翅は全く期待していなかったが、開いてくれた。
春先に♀のルリシジミの開翅を見たことがあるが、♂の開翅は初めてであった。全く新鮮で、羽化したてたばかりか、「うーん」と唸るほど、美しい。
日が翳っても、翅を閉じず、少し移動しても、またポーズをとってくれた。最後は、近づきすぎ飛ばれてしまったが、夏の間は見たくても見られなかった♂の開翅をじっくり撮ることができ、うれしい1時間であった。

by otto-N | 2011-01-02 17:32 | Comments(0)
<< やっと見つけた越冬個体 (20... 2011 明けましておめでとう... >>