たかがヤマト、されどヤマト

公園の日だまり 6 (2010.11.25)   2011.1.11

2010.11.25
朝9:30、公園に行くと、ムラサキツバメが登場
a0181059_122072.jpg


すぐに開翅すると、♂だった
a0181059_12203111.jpg


別な場所でも開翅。しかし、すぐに飛び去った
a0181059_12205096.jpg


ムラサキシジミも登場
a0181059_12211253.jpg


午後1:00、日だまりでは、ヤマトシジミが残り少ないカタバミで吸蜜
a0181059_12221140.jpg


ふと見上げると、何と、昨日のルリシジミがいるではないか
a0181059_12213289.jpg


別なところに移り、日を浴びる
a0181059_12223763.jpg


ウーン、なかなかきれいだ
a0181059_1223464.jpg


枯葉の上に移り、盛んにストローを伸ばし、栄養補給
a0181059_1223196.jpg



この場所で、2度目のムラサキツバメ♂。開翅したので、アングルを変えながら撮影した。
幻のブルーは左の前翅しか出なかったが、後翅は不思議な青緑色に光っていた。
昨日の「遅れてきた青年」は、まだ、この公園内にいた。この時期、花もなく、♀もいない。ただ寒さをしのぐだけ。きびしい。
(ルリシジミの♂は、夏の間、翅を開いたのを見たことがなく、翅を開かないものと思っていました)

by otto-N | 2011-01-11 13:30 | Comments(0)
<< コムラサキの3D画像     ... やっと見つけた越冬個体 (20... >>