たかがヤマト、されどヤマト

コムラサキの3D画像      2011.1.11

2011.1.11
「あやはべる/撮影日誌」のfuruさんが始めた3D画像。あまりにも面白いので手持ちの画像でやってみました。

まずは、ひかりもののムラサキシジミ♂
a0181059_1538726.jpg


続いて、ムラサキシジミ♀
a0181059_2044931.jpg


少しづつ位置を変えて撮ったムラサキツバメ♂。ブルーの幻光は左の前翅だけだった
a0181059_20311794.jpg


そして、苗場山に登ったとき、ふもとの温泉にいたコムラサキ
a0181059_15443029.jpg


次に、オオムラサキ (この得意のポーズでは、翅の後ろが磨り減るわけだ)
a0181059_15435372.jpg


埼玉県のミドリシジミ
a0181059_2032356.jpg


都内で撮ったウラナミシジミ
a0181059_20325665.jpg


北海道で撮ったゴマシジミ
a0181059_20332167.jpg


線路脇のジャガイモ畑にいたミヤマカラスアゲハ♀
a0181059_20334719.jpg


アフリカルリヒオドシ
(これはかってにつけた名前。種名は判りません。翅裏はルリタテハそっくり。昨年行ったビクトリアフォールズのロッジの庭で撮影)
a0181059_13125766.jpg



特に、3D用に撮ったものではないので、すごいインチキな画像です。平行法、交差法を意識しないで見てください。何となくチョウが浮き出る程度です。
背景がぼけているより、ごちゃごちゃしたほうが楽しいですが、ムラシ以外は適当なものがありませんでした。
この3D画像は、「どんどん目が良くなるマジカル・アイ」と似たような原理だと思うのですが、画像の選択、合成などの作業でPC画面を見つめっぱなしで、かえって目が悪くなったようです。
furuさん、どうもありがとうございました。

by otto-N | 2011-01-11 21:10 | Comments(2)
Commented by furu at 2011-01-12 21:12 x
沢山作りましたね。ばっちり立体的に見えるものから微妙なものまで色々ありますが、やってみよう精神が素晴らしいです。
1枚目のムラサキシジミは立体視で幻光がばっちり出てますね。
Commented by otto-N at 2011-01-12 22:31 x
実際はもっと沢山作りました。試行錯誤でやっているうち、もとの画像さえあればすぐ出来るようになりました。
翅の筋さえも立体的に見えるものもあるので、幻光よりも、マクロ撮影による繊細な画像で作るほうが面白いかもしれません。本の「マジカル・アイ」をみたときの気の遠くなるような透明感は難しいでしょうが、チョウの種類を選べば可能かもしれません。
<< 尾の長いアカシジミ (2007... 公園の日だまり 6 (2010... >>