たかがヤマト、されどヤマト

9ヶ月遅れですが、アゲハチョウとベニシジミ (2010.4.19)     2011.1.30

2010.4.19
歩いて10分ほどにある、旧海軍の技術研究所の跡地にある公園。園芸種だけれど、春になると、色とりどりの花が咲き乱れる。チョウは、花壇の花にあまり来ないけれど、隅の雑草地帯は時々のぞいてみる価値がある。この日は、アゲハチョウとベニシジミで楽しませてもらった。

アゲハチョウ(♂)
a0181059_20244659.jpg

ベニシジミ
a0181059_2016272.jpg


アゲハチョウはともかく、ベニシジミは都心では希少種とはいわないまでも、数はぐっと少ない。春型はきれいだ。しかし、たいてい翅のどこかが壊れている。
見つけたときは、すかさず撮りにかかるが、すばしっこく、コンデジでは近づく前に逃げられてしまう。

まだ沖縄が日本領土となっていない、保育社「原色日本蝶類図鑑・増補版」:昭和37年4月5日増補2刷(当時は1,200円)の口絵写真に載っており、この口絵写真「タンポポの花にとまるベニシジミ」が頭の中に刷り込まれている。
チャンスがあったら、タンポポの花の上のベニシジミを撮ろうと思う。

by otto-N | 2011-01-30 20:57 | Comments(2)
Commented by tamayam2 at 2011-05-02 12:28
ベニシジミはよくヒメジョォンの上に止まっていますね。
私もタンポポの上のベニシジミを見てみたいなぁ。
Commented by otto-N at 2011-05-02 20:18 x
tamayam2さん、今年は、この付近では、ベニシジミが少なくほとんど撮ってませんが、まだタンポポの上のベニシジミを狙ってはいます。
<< 春、ヤマトシジミ (2010.... 輝け!サムライ・ブルー    ... >>