たかがヤマト、されどヤマト

6月、甲府・茅ヶ岳 (2010.6.2)   2011.2.3

2010.6.2
増富ラジウム温泉に1泊してから、茅ヶ岳(1704m)に登った。
登山口では、ウスバシロチョウの出迎え。登るにつれ、木々は若葉になり、山頂付近ではミツバツツジが満開。
そして、山頂では、元気な越冬ヒオドシチョウが出迎えてくれた。まさに「落ち武者」だ。それから、もう1匹、スミナガシ。
a0181059_1035436.jpg

帰る時、コツバメを発見。麓に下りると、駐車場の脇では、ウスバシロチョウの他、ダイミョウセセリ、ツバメシジミがとんでいた。
a0181059_10364976.jpg


登るにつれ、雲が増えてきたので着く頃はダメかなと思っていたけれど、雲は去り、北アルプスも見えた。
このヒオドシチョウは、本当にボロだった。スミナガシは初めて。


PS:
前日、芦川村の「すずらん自生地」に寄った。若彦トンネルというのが開通し、河口湖から抜けることができる。
北海道以外に、野生のすずらんが咲いているとは思わなかった。
a0181059_10575533.jpg


by otto-N | 2011-02-03 11:04 | Comments(0)
<< 6月、白金の森、イチモンジセセ... 5月、奥武蔵・伊豆ヶ岳 (20... >>