たかがヤマト、されどヤマト

6月、沖縄 2 (2010.6.27-7.5)   2011.2.21

2010.6.28-6.30 (座間味島)
6月28日:朝、高速船「クィーンざまみ」で座間味島に移動。快晴。さっそく古座間味ビーチで遊ぶ。思ったより珊瑚は元気だった。
6月29日:風が強かったものの快晴。海亀がいるという砂浜、阿真ビーチに向かう。波が少し高かったけれど、亀はいました。泳ぎまくり、自力で見つけました。亀が海草を食べに来ていました。午後、集落の裏山の展望台に登る。
6月30日:この日から、天気が下り坂。近くの無人島、嘉比島でスノーケリング。珊瑚が切れ急に深くなるあたりがポイント。魚の大きな群れが集まっていた。流されないように注意。夕方、阿嘉島に移動。

古座間味ビーチの先の遊泳禁止の海と、展望台から見た古座間味ビーチ。
a0181059_214476.jpg

さて、チョウはというと、古座間味ビーチのすぐ近くで、少しは撮ることができました。
すぐ見つけたのは、木陰で吸蜜中のリュウキュウアサギマダラ。
a0181059_17145576.jpg

オオゴマダラがふわふわ何度も飛んで来るが、止まる気配はなし。数10m先に大型の白いチョウが茂みにもぐりこむのを見たので、駆けつけてみるときたないチョウ。ツマベニチョウのメスでした(ちょっとガッカリ)。
沖縄にいるとは思わなかったがルリタテハ。クロマダラソテツシジミはどこにでもいた。
民宿の近くで撮ったのは、カバマダラとタテハモドキ。それにしても、カバマダラの飛び方は、ツマグロヒョウモンそっくりだ。
a0181059_10483667.jpg

タテハモドキは、ランタナが大好きなようで、撮っているうち、目が回りそう。脳天気で、幸せそうな目玉模様だ。
ランタナにはモンキアゲハ、シロオビアゲハも来たが、いい絵は撮れなかった。
a0181059_176495.jpg


スノーケリングは楽しい。竜宮城の世界が海岸からほんの少しのところにあるとは、ちょっと前まで知らなかった。沖縄の梅雨が明け、台風が来ないこの時期に、沖縄の離島に来ずにはいられない。
残念ながら、ビーチにはあまりチョウはいないようで、チョウを撮るためにはそれなりの場所に行く必要があるようです。
スノーケリングとチョウ撮影、両立はむずかい。

by otto-N | 2011-02-21 17:33 | Comments(2)
Commented by furu at 2011-02-21 23:03 x
沖縄によく行かれてるんですね。ケラマ諸島は梅雨明けの阿嘉島、慶留間島しか行った事がありませんが、海の美しさは私が行った沖縄の島々の中でも一番でした。
蝶の撮影は3月頃が良いようですね。
Commented by otto-N at 2011-02-22 19:44 x
furuさん、スノーケリングのポイントには詳しくなりました。が、チョウ撮影だけを目的に沖縄に行ってみたいです。
石垣島は何度か行ってますが、バンナ森林公園さえ、横の道を素通りでした。
阿嘉島のニシ浜は、那覇からの距離を考えると最高の海です。
<< 6月、沖縄 3 (2010.6... 6月、沖縄 1 (2010.6... >>