たかがヤマト、されどヤマト

7月、白金の森、ムラサキシジミ (2010.7.31)   2011.3.2

2010.7.31
この日も、自然教育園へ。

日影で、黙りこくっていたムラサキシジミ。この日、やっと、開翅シーンが撮れた。
日向に出て翅を拡げ、近くに飛び移り翅を拡げることを繰り返していた。
a0181059_14343142.jpg
a0181059_14344959.jpg

クサギの花にはクロアゲハがときどき来ていた。
a0181059_1435818.jpg


これを書いている今(2011.3.2)、なぜ教育園に日参していたか覚えていない。多分、ムラサキシジミの開翅を撮りたかったのだろうと思う。その前日、いいアングルで開翅シーンを撮っているが、夕日が強く当たりすぎ、青紫色が水色に潰れたのが悔しかったものとみえる。
日影でじっとしているムラサキシジミは多かったが、なかなか翅を開いてくれなかった。行く時間を変えた結果、真昼はだめで、朝11時前と午後3時過ぎに、日の中に出てくる個体が少しはいることが判った。やっと撮ることができ、嬉しかった。
クサギで待ち構えていても、クサギ自体が薄暗いところに生えているので、クロアゲハはただ真っ黒になるだけ。明るくても、真っ黒になってしまうクロアゲハは難しい。

by otto-N | 2011-03-02 15:10 | Comments(0)
<< 8月、東北縦断、キベリタテハ ... 7月、白金の森、アゲハチョウ ... >>