たかがヤマト、されどヤマト

8月、北海道・十勝、ゴマシジミ (2010.8.16)  2011.3.10

2010.8.16
ゴマシジミを探して林道に入ったところで、オオモンシロチョウがいた。この茂みをよく見ると、萩の花が咲き、ワレモコウがあった。ゴマシジミがいるかも知れないと捜してみると、すぐに見つかった。

産卵中のゴマシジミ。ぐるぐる回り、停止することがない。ピントがなかなか合わない。
気に入らないと、違うところに飛び移る。なかなかこちらの都合のよい所へは来てくれない。
a0181059_19552250.jpg

草陰に潜んでいたのを見つけた。しばらくすると開翅。しかし、ピントが合ったのはこれ1枚。
a0181059_19563424.jpg

近くの穂先に飛んで来たのが、何と開翅。もう少しと、思ったところで他のが来て一緒に飛び去ってしまった。
a0181059_1957944.jpg

この林道で撮った他のチョウたち。
イタドリの花の蜜を吸うミヤマカラスアゲハ。イタドリでの吸蜜を初めて見た。
珍しく、ノリウツギの花にクロヒカゲ(♀)がいた。近づくと飛ばれた。
ヤナギに産卵するコムラサキ。少し遠いがジャノメチョウ。
最後、サカハチチョウかと思って軽く撮っておいたが、アカマダラだった。妻の実家(幕別)の庭先にいた。
a0181059_19575182.jpg


ゴマシジミの産卵シーンは、いつ見ても、けな気というか一生懸命というか、そんな気がして、産む瞬間の力みがよく判り、ついガンバレと応援したくなる。目がかわいいせいなのかなと思う。
飛んでいるのが茂みに入ったら、メスがいると思っていいようだ。茂みの中の密かな営みにおいても、開翅シーンは見られたが、残念ながら、ピントが合っていなかった。営み中のものは、この狭い場所で何組か見た。かなりしつこく途中介入するオスもいた。
穂先での開翅はラッキーだった。色は飛んでいるのを見て想像はついたが、細かな模様までは判らなかった。落ち着きのあるブルーで、思ったより斑点が小さかった。図鑑で見るよりずうーっといい。

by otto-N | 2011-03-10 21:20 | Comments(2)
Commented by naoggio at 2011-03-13 18:27 x
ゴマシジミの開翅、素晴らしいです !
こんなところに遭遇したいのですが、私の出逢ったゴマシジミは、どういう訳かいつもかたくなに翅を閉じておりました。
私の普段の行いに問題があるのでしょうか?(^〜^);
Commented by otto-N at 2011-03-15 09:57 x
naoggioさん、「開けー、ゴマ」と言うと開きます。
(気が滅入り、ブログの更新をする気になりませんでしたが、更新を再開します)
<< 8月、北海道・札幌、コヒオドシ... 8月、北海道・十勝、オオモンシ... >>