たかがヤマト、されどヤマト

9月、中目黒、ゴマダラチョウ・アカボシゴマダラ (2010.9.21)   2011.3.23

2010.9.21-22
そろそろウラナミシジミが出るころだと、目黒川沿いにある区立の公園に行った。目的のウラナミシジミはいたけれど、数が少ない上、なかなか止まってくれない。少しは撮れたので帰ろうかと思ったとき、ゴマダラチョウが1本の小さな木の根元に飛んでいった。

ハギに産卵するウラナミシジミ。ツバメシジミもいた。それとアゲハチョウ。
a0181059_1322998.jpg


ゴマダラチョウが止まったのは、小さくてもいっぱしのクヌギの木だった。
a0181059_13223173.jpg
a0181059_13224717.jpg

そして、翌日、また来ているかなと覗いて見ると、今度はアカボシゴマダラがいた。
a0181059_13231518.jpg
a0181059_13232935.jpg


同じ木の、同じ場所でのゴマダラチョウとアカボシゴマダラを、日にち違いでじっくり撮影することができた。
このクヌギの木は高さが5~6m、幹の太さも20cmほど。移植されて間もない木だ。そもそも、木がまばらにしかないこの公園で、両者とも見たことはなかったのでとても驚いた。その後、ここで、ゴマダラ、アカボシとも見ることがなかった。
ゴマダラチョウは狙い済ましたように樹液の出るクヌギに飛んでいった。すごい嗅覚である。

by otto-N | 2011-03-23 13:52 | Comments(2)
Commented by naoggip at 2011-03-23 20:36 x
ゴマダラチョウが1日経つとアカボシに・・・これは面白いですねえ。
こういう経験はあまりしたことがありません。
これが象徴的な出来ごとにならないように祈りたいです。
Commented by otto-N at 2011-03-24 14:44 x
naoggioさん、象徴的とは考えなかったのですが、確かにそうですね。
少なくても、23区内では、行動範囲の問題がありますが、ゴマダラよりアカボシを圧倒的に多く見かけます。
ビルの間をふあふあ飛んでいるのにはもう驚きません。
<< 9月、恵比寿、ウラナミシジミ ... 9月、恵比寿、ヤマトシジミ (... >>