たかがヤマト、されどヤマト

10月、白金の森、オオウラギンスジヒョウモン (2010.10.8)  2011.4.2

2010.10.8
この日も、教育園に行っている。目的は何だったか思い出せない。まだ、アサギマダラが目的だったかもしれないが、たぶん、翅を開くことの多くなったムラサキシジミねらいだったと思う。

ムラサキシジミの開翅は撮れたが、この日のサプライズ、オオウラギンスジヒョウモン。オスではなくメスなので落ち武者とはいえないけれど、よくここまでがんばって飛んできた。
そろそろ飽きたけれど、キタテハとヒカゲチョウ。新鮮だったので載せます。
ムラサキツバメも現れたがすぐいなくなった。ムラサキシジミも開翅する。
a0181059_2012146.jpg

ツバメシジミ(♂)は、やはり、ヤマトシジミよりきれいか。
a0181059_20123584.jpg

隣接する公園のカタバミ畑(畑があるわけありませんが)では、相変わらずヤマトシジミが飛び回っていた。
a0181059_20125046.jpg


秋になると、オオウラギンスジヒョウモンが来るとは聞いてはいたけれど、ほんとうに来た。
翅はぼろぼろ。だが、個人的には、こういうボロさは好きです。ここまでくると、風格さえ感ずる(おかしいかな)。
ツバメシジミ vs ヤマトシジミ。ツバメシジミのほうがきれいだとは思う。しかし、ヤマトのほうが、撮りにくいからこそ意地で撮っている気がする。

by otto-N | 2011-04-02 20:40 | Comments(2)
Commented by naoggio at 2011-04-02 22:05 x
オオウラギンスジヒョウモン !
どこから飛んでくるんでしょう?不思議だなあ。
ツバメVSヤマト、オスだったら私的にはヤマトに軍配を上げたいです。特に秋の白っぽい青が好きです。
Commented by otto-N at 2011-04-02 23:14 x
naoggioさん、オオウラギンスジはほんと不思議です。少し前には、ボロボロのミドリヒョウモンも来ましたが。この前年、代々木公園で見てたので意外性は感じませんでした。
ヤマトは、たいてい白っぽく写り過ぎるので、青っぽく写すのがコツで、これが難しい。ただ、アンダー気味で撮るといいだけですが。
画像は圧縮しているので、圧縮しなければどっちももっときれいです(4枚組みは厳しい)。
<< 10月、白金の森、ヤマトシジミ... 10月、白金の森、アサギマダラ... >>