たかがヤマト、されどヤマト

2010.10月 アフリカ旅行 (6)    2011.4.29

2010.10.23  ボツワナの蝶

ボツワナ・チョベ国立公園でのサファリの基点となったロッジの敷地は、広くはないけれど、緑があふれていた。
このロッジに着いたとき、ロッジを去るとき、蝶を探しました。蝶はいたにはいたが、とにかく止まってくれない。止まっても、近づくだけで飛ばれてしまう。で、結局、撮れたのは2種類だけだった。

尾状突起のあるシジミチョウ。ウラナミシジミの類と思う。最初、数頭いたので楽勝と思ったら、これしか撮れなかった。
4コマ目は、ミヤマセセリのように翅を拡げるセセリチョウ。最初は蛾だと思った。「コジキセセリ」と命名。しかし、ピンボケ。
a0181059_20361762.jpg

サファリドライブで、ライオンを見た地点から、せいぜい300mくらいしか離れていないところに、車から出てもいい休憩所があった。その近くに集まっていたシロチョウ。ドライブ中、ここでしか蝶は見なかった。
a0181059_20363960.jpg

ほとんど翅が壊れていた中で、これは、かなりきれいな個体。
a0181059_2037342.jpg

シロチョウを撮っていたとき、飛んできたホソチョウ類の仲間(と思う)。
実は、ロッジ内でもいた。カバマダラのような色合いだが、それより2回り小さい。上下動がなくチョウトンボのような飛び方だった。これを追いかけたが、ロッジ内では止まりそうで止まらなかった。
a0181059_20372352.jpg

胴体が長くて、なんか昼行性の蛾のよう。ホソチョウは毒をもっているという。
a0181059_20373845.jpg


ボツワナでも、蝶は少なく、いても飛んでいるばかりでなかなか止まってくれなかった。止まっても敏感で近づけなかった。
サファリ中、飛んでいる蝶くらいはいるだろうと思っていたが、いなかったですね。唯一見たのは、ライオンに遭遇する前の数頭の白い蝶。ライオンと遭遇後、休憩ポイントで車から出ることができたが、ここが、白い蝶がいた場所とはラッキーだった。

by otto-N | 2011-04-29 21:17 | Comments(0)
<< 2010.10月 アフリカ旅行... 2010.10月 アフリカ旅行... >>