たかがヤマト、されどヤマト

2011.5.6 白金の森 ヤマトシジミ    2011.5.11(記)

2011.5.6
教育園に行ったところ、休園だった。しかたなく、隣の公園でヤマトシジミを捜した。

ヤマトシジミは、すぐ見つかった。それもとても青いメス。
a0181059_14521952.jpg

濃いブルーの面積が大きい。オスと間違えるくらいだ。惜しいことに、縁毛が少しくたびれていた。
a0181059_1459250.jpg

新鮮なメスが、また、見つかった。青くはないけれど、なかなかシック。
a0181059_14523710.jpg

まだまだ、青いメスがいた。
(上2コマと下の2コマは別個体)
a0181059_14525455.jpg

オスもいたけれど、やはり、あまり止まらないのでなかなか撮れない。メスにちょっかいを出さないでくれと願うばかり。
a0181059_14563672.jpg

前からのアングルはわるくない。
a0181059_14571731.jpg

メスのツマキチョウがナズナに産卵し、近くのキク科の花で吸蜜。これを繰り返していた。
菜の花に産卵しているのは、別個体。
a0181059_1457414.jpg


教育園が休みのことを知らずに行ったおかげで、捜していたヤマトシジミのメスを撮ることができた。
晩秋に出る青メスより、ブルーが明るく、面積が大きい気がする。
ヤマトシジミは、ゴールデンウィーク前半に急に出てきたようだ。目に付き始めたと思ったら、もう翅が擦れているものが多い。翅がくたびれるほど、オスは頑張って飛び回っていたのだろう。

ツマキチョウもそろそろ終わり。食草としてペンペン草という手があった。これなら、都会でも増えていくことができる。

by otto-N | 2011-05-11 15:32 | Comments(2)
Commented by ダンダラ at 2011-05-12 12:39 x
この♀はびっくりするくらい青いですね。
シルビアシジミの雄と間違えそうです。
ヤマトシジミといえども、観察を続けていくとこんな個体がいるのですね。
これは良いものを見せていただきました。
Commented by otto-N at 2011-05-12 17:17 x
ダンダラさん、コメントありがとうございます。
シルビアシジミをまだ見たことはないのですが、こんなにきれいなブルーなのなら、撮りにいきたくなります。
この青いメス、画像を出しませんでしたが、カタバミに産卵していたので、ヤマトシジミに間違いありません。
このくらい青い個体は、他でも見ているので、秋より春のほうが、高率で発生するのかもしれません。
<< 2011.5.10 白金の森 ... 2011.5.2 恵比寿 アオ... >>