たかがヤマト、されどヤマト

2011.5.15 群馬県 ヒメギフチョウ    2011.5.16(記)

2011.5.15
今年は、ギフチョウ、ヒメギフチョウが遅いらしい。昨年(5月13日)、赤城山のヒメギフチョウを見に行ったが、異常に寒い日で、ウスバサイシンに産みつけられた卵だけ見て帰ってきた。そのリベンジということで、早朝6:10に自宅を出発。ゴールデンウィーク明けの日曜日、さすがに道路はすいていた。関越に入ったのは6:50、現地には8:10に着いた。

現地に着き、車を停めたあたりに、ちらちら飛ぶものがあった。コツバメだった。まだまだ新鮮。付近にはスギタニルリシジミも飛んでいた。
a0181059_14541540.jpg

登山道には、スギタニルリシジミがときどき顔を出していた。1、2コマ目はおそらくメス。止まった瞬間だけ少しだけ翅を開く。もっと撮っていたかったが、急いで登る。
a0181059_14543785.jpg

山頂に1番乗りで着いた。少したつと、ゆっくりと登ってきた方がいた。自己紹介しあう。筑波から来られたとのことであった。RANAさんとおっしゃる方だった。ブログ名は、「RANA_spの日記」です。先週も来たそうで、ここのヒメギフに詳しく、一緒に行動させてもらった。しばらくすると、ヒメギフがやってきた。が、なかなか止まらない。そのうち、止まりますよとのこと。そして、ほんとに目の前に止まった。あわてて写したのがこの1枚。
a0181059_14553945.jpg

RANAさんも開翅を撮ることができたので、スミレのある場所で待つ。でも、なかなか、こちらの思ったように行かない。ヒメギフはメスを捜して飛び回るだけで、スミレにはなかなか来ない。近くの枯葉にも止まるが、すぐ飛び立ち思うように撮れなかった。そして、飛び回ってエネルギーが尽きたか、スミレにも止まってくれた。
a0181059_14545859.jpg

スミレに止まっても、吸蜜時間は最大5秒。ピントを合わすのにせいいっぱいだった。
a0181059_1455192.jpg

いちばんきれいに咲いていたスミレには止まってくれず、日影だったり、体の後ろだったり、ヒメギフの動きは読めなかった。11:00を過ぎると、スミレの場所には日が当たらなくなり、あきらめて下山した。
a0181059_14555950.jpg

一番きれいになスミレには、ミヤマセセリ(オス)が吸蜜。右は下山途中にいたメス。
(枯葉の上にヒメギフがやっと止まっても、ミヤマセセリに追い立てられていた。ミヤマセセリがいなければ、もっと撮れたにちがいない)
a0181059_14561710.jpg


ヒメギフチョウの撮影は難しい。止まってくれないうえ、止まっても、停止時間が短い。スミレではもっと短い。そして、肝心の尾状突起が隠れてしまう。完璧な絵を求めたらきりがないのではないかと思う。ヒメギフチョウの習性を十分把握していないけれど、撮影場所を選ぶことが重要かな。こんなきれいなチョウは、もっといい背景で撮りたいものだ。つくづくそう思った。
山を下りてから、ウスバシロチョウを捜した。ウスバシロチョウはいたけれど、気温が高く飛び回っているばかりだった。山の頂上では、長袖が必要だったのに、麓では半袖でも暑いくらいだった。
RANAさん、どうもありがとうございました。もし、RANAさんがいなければ、何も撮れずに帰ったことと思います。

by otto-N | 2011-05-16 15:56 | Comments(10)
Commented by H.A. at 2011-05-16 22:52 x
さすが赤城姫、赤上がりの綺麗な個体ですね。
翅の痛みやカスレが少なそうですね。出始めでしょうか?
この時期の蝶ってどうしても気温が高いとなかなか止まってくれないので撮影者泣かせです。
Commented by owlj at 2011-05-16 22:54 x
枯葉とヒメギフチョウ、傑作!と思います。
美しさが際立っていますね。瞬間を切り取ったのは良かったです。
早起きして山頂一番乗りのかいがありましたね。
Commented by naoggio at 2011-05-17 00:42 x
赤城姫、出逢えて良かったですね。
気候や時期など、条件次第では本当に止まらないので撮影は苦労します。
林の中の方が静止しますが蛹やウスバサイシンを踏みつけてしまう恐れがあるので迂闊に入れませんし・・・
これぞと決めた吸蜜植物の前で気長に待つのが良いのかもしれませんね。
Commented by otto-N at 2011-05-17 15:41 x
H.A.さん、パトロールの方の話では、今年は遅れ気味で、あまりメスも出ておらず卵もないとのです。
山頂なので、それほど暑くはなかったのですが、メスがいないとみえて、オスは行ったり来たり、せわしなく飛び回っていました。
Commented by otto-N at 2011-05-17 15:48 x
owljさん、一番よく撮れたのは、結局、最初の枯葉の上でした。
撮影しやすく、きれいに咲いていたスミレには来ず、うまくいかないものですね。
Commented by otto-N at 2011-05-17 16:45 x
naoggioさん、ここも山頂なので、神奈川のギフチョウと行動形態はほとんど同じかなと思いました。山頂の感じ、花の少ないのもよく似ています。そして、テリ張りのミヤマセセリがここでも宿敵でした。
今回も、出会った方に親切にしていただいて、ラッキーでした。
Commented by banyan10 at 2011-05-18 11:50
色の濃いスミレの吸蜜は良い写真だと思いますよ。
今年はここの撮影は苦労している人が多いですね。
スミレは吸蜜時間が短いので狙った花で待たないと難しいですね。
カタクリも咲いているのですが、時期が合わない場合が多いようです。
Commented by ダンダラ at 2011-05-18 16:59 x
赤城のヒメギフ、撮影おめでとうございます。
赤城はいろいろなスミレが咲いているので、そのスミレに吸蜜にくるヒメギフを撮るのは楽しいですよね。
どれもよく撮れていると思います。
Commented by otto-N at 2011-05-18 21:28 x
banyanさん、ありがとうございます。
スミレが咲いている場所は何箇所もないので、あまり動かずその前で張ってました。
スミレに来ることを知らない方もおられるようで、ちょっと心配なシーンもありました。
(愉快なことではありませんが、スミレ自体も保護する必要があるかもしれません)
Commented by otto-N at 2011-05-18 21:33 x
ダンダラさん、ありがとうございます。
ふわふわ飛んできて、スミレに来るか来ないか一喜一憂していました。
絶好のシャッターチャンスを何回か逃しましたが、撮ることができほっとしています。
<< 2011.5.16 恵比寿 ア... 2011.5.13 恵比寿 ヤ... >>