たかがヤマト、されどヤマト

2011.6.28 白金の森 トウキョウヒメハンミョウ    2011.6.28(記)

2011.6.28
トラフシジミの多数開翅の翌日(6/25)も、天気がよかったが、自然教育園にトラフシジミの影さえ見なかった。撮ることのできたのは、ヒカゲチョウとツバメシジミだけ。26、27日と暗い梅雨空で、今日(6/28)は朝から晴れ。さて、トラフシジミはいるのだろうか。雨で路上は湿ったままなので、いないだろうとは思っていたが、やはり、いなかった。

さて、この2日間に撮ったチョウ。キマダラセセリ、アオスジアゲハ、ヒカゲチョウ、ツマグロヒョウモン(♂)。他に、ベニシジミ、キアゲハ、イチモンジセセリも撮ったが、カメラのモード・ダイヤルが動いていて没。
a0181059_1958129.jpg

ちょっと古めのツバメシジミのオスとメス。メスはクサフジに産卵。
a0181059_19584420.jpg

ここのチョウはそろそろ夏休み。種類も数もめっきり減ってくる。今日は、和名に「トウキョウ」がつくムシを見つけた。トウキョウヒメハンミョウ。クロオオアリより小さいが、いっちょ前のハンミョウだ。実は、幼虫はすでに見けていた。練馬区の石神井公園で成虫を撮影された方がいたので、Shinさんに探してもらった。このへんにいるはず、とあっけなく、道端の葉の上に複数見つかった。
a0181059_20101547.jpg
土の上にも。このほうがハンミョウらしい。
a0181059_20104013.jpg

1月11日以来の疑似3D画像。(バックが静かすぎてあまりよくないです)
a0181059_2011355.jpg
(クリックすると、少し大きくなります)


さて、そろそろ自然教育園のチョウも終わりかなぁ、とため息。これから、アゲハ類と、アカボシゴマダラ、ムラサキシジミ(開翅しない)くらいか。伝説のゴイシシジミを探しながら、ヤマトシジミを撮ることにします。

(自然教育園では、蝶をシュンの花と一緒に撮ることができるということに、今、気が付いた。蝶を中心ではなく、花を中心として見てください。花の解説はありませんが)

by otto-N | 2011-06-28 20:50 | Comments(8)
Commented by owlj at 2011-06-28 21:55 x
花と蝶はあまりに自然な組み合わせでどちらが先でも自然です。
旬の花も十分に楽しませて頂きましたよ!
トウキョウヒメハンミョウの疑似3D面白いです。
Commented by furu at 2011-06-29 01:01 x
トウキョウヒメハンミョウはまだ見た事がありません。東京にいるうちに撮っておかなくては。
3Dもばっちりですね。
Commented by jkio at 2011-06-29 07:18 x
おはようございます、
トウキョウヒメハンミョウ、やはり、土の上にいる画像が好きです。
こちらでも、同様の構図で撮れるところを探してみたいと思います。
はて、当地の公園で撮れるか???。

オカトラノオが新鮮ですね。
秋までチョウは飛びませんか?。

Commented by tamayam2 at 2011-06-29 08:45
東京が付く虫の名とは、めずらしいものですね。
私は、花も虫もともに興味がありますので、
楽しませていただきます。
Commented by otto-N at 2011-06-29 16:08
owljさん、花だけの写真もたまには撮りますが、なかなか難しいものがあります。
きれいに咲いている花だと、チョウが来るのを待つこともあります。
が、チョウは蜜を出している花だけに止まり、みかけにごまかされないようです。
Commented by otto-N at 2011-06-29 16:11
furuさん、3Dの元祖様にそう言っていただけて、うれしく思います。
たまには、チョウ以外もいいですね。チョウのいないとき、とても有効かもしれません。
Commented by otto-N at 2011-06-29 16:16
jkioさん、土の上には、葉にいた個体が降りただけです。1視野に2匹いました。
こののトラノオは、イケとヌマの雑種でイヌヌマトラノオというらしいです。
Commented by otto-N at 2011-06-29 16:21
tamayam2さん、そう、珍しいと思います。
トウキョウ以外にもいる気がしますが。
そろそろ、この近くは夏枯れで、ブログのアップ間隔があくと思いますが、よろしくお願いします。
<< 2011.06.29 白金の森... 2011.6.24 白金の森 ... >>