たかがヤマト、されどヤマト

2011.06.29 白金の森 トラフシジミ    2011.06.29(記)

2011.6.29
梅雨明けとも勘違いするほどの青空と暑さ(都心の最高気温35.1℃)。昨日は、トラフシジミはいなかった。1つの仮説:雨上がりでは晴れても、木から降りてこない。なぜなら、木の葉に水があるから、地面で吸水の必要はない。今日は、晴れの2日目。木の葉は乾いているだろうと、トラフシジミ探しに行ってきた。

結果は、いた。先日ほどではないが、結構いた。しかしながら、翅は開いてくれない。10:00をすぎても、地面に吸水している。が、ときおり、地面から近くの草の葉に止まるのが出てきた。その中のあまりスレてなさそうな1頭。すりすりしながら、少しずつ葉の上を移動。そのとき、開き始めた。

この位置では、もっと青いはずだが、翅は紫色。光が反射しすぎるのかもしれない。
a0181059_15214652.jpg

むしろ横からのほうが青く輝いた。
a0181059_1522277.jpg

これがトラフの色に近いと思う。
a0181059_15222756.jpg

もう一度正面に回り込むと、色が薄れた。(ピントが翅に合っていないせいもあるが)
a0181059_15231531.jpg
この後、地面に降りて吸水。しばらくしてから全開した。あわてて、撮ったが、位置によって全く青く輝かない。輝くアングルはとても狭い。もっともっと青く輝く位置をと、アングルを探しているうちに飛ばれてしまった。(地べた写真は割愛)


今日のトラフシジミは開いてくれた。翅が少し傷んでいるのは残念だったが、上出来だ。じっくりと撮影することができた。順光でも全く光らない角度がある。青い色も微妙だ。
梅雨時、晴れたからといって、トラフシジミが下に必ず降りてくるわけではないが、連日、ここへ通ったおかげで少しは開翅する条件が絞れたかもしれない。

by otto-N | 2011-06-29 16:03 | Comments(10)
Commented by Shin at 2011-06-30 06:43 x
やはり真面目に通った成果がありましたね
それにしてもここはトラフの名所と言っても良い場所になりましたね
Commented by RANA at 2011-06-30 23:12 x
都会にトラフシジミ、、、なかなかいいですね
都内にいるとは夢にも思いませんでした
Commented by ダンダラ at 2011-07-02 10:38 x
この時期はゼフの開翅に一喜一憂しますが、トラフの開翅もなかなか渋くて良いですね。
それより何より、仮説を立てて撮影に行って、曲がりなりにも撮影に成功したときはうれしいですね。
お見事です。
Commented by otto-N at 2011-07-03 17:01
Shinさん、やっとトラフシジミの出てくる条件がわかりかけました。
そして、まあまあの開翅個体を撮ることができて、ほっとしています。
(旅行先からです)
Commented by otto-N at 2011-07-03 17:03
RANAさん、ちょっと驚いたでしょう。
これで、定住してくれるといいのですが、来年の春型に期待しています。
Commented by otto-N at 2011-07-03 17:06
ダンダラさん、以前の職業柄、仮説・検証の癖がぬけません。
でも、これが醍醐味でもあります。
仮説はあたらないことのほうが多いですが・・・
Commented by ごま at 2011-07-03 19:14 x
素晴らしいトラフですね。
ずっと狙っているのですが、チャンスが来ません。
来春は情報がでたら、教育園に飛んでいきます。
Commented by Akakokko at 2011-07-04 00:18 x
トラフの開翅、素晴らしいですね。
わたしはまだ1度しか撮ったことがありません。
教育園はトラフの楽園みたいですね。
関西でなければ、行きたいところです。
Commented by otto-N at 2011-07-04 20:10
ごまさん、粘ったかいがありました。
もう少し早い時期に、想定した条件の日があったら、ピカピカの新鮮個体だったかもしれません。
来春も狙います。
Commented by otto-N at 2011-07-04 20:16
Akakokkoさん、トラフシジミの開翅条件を、まだ確定したわけではないですが、ぜひ来年、ここで撮りましょう。
ひょっとしたら、トラフの楽園かもしれません。
<< 2011.6.30 沖縄・宮古... 2011.6.28 白金の森 ... >>