たかがヤマト、されどヤマト

2011.8.2 白金の森 クロアゲハ    2011.8.4(記)

2011.8.2
曇り空。ムラサキシジミがいるかどうか、自然教育園に行った。

ムラサキシジミは、遠くで開翅したのを1回見ただけであった。今年は少ないようだ。
先日、オナガアゲハを撮ったクサギの花はまだ健在で、メスのクロアゲハが来ていた。背の高い木々に囲まれた薄暗い中に、ふあふあ漂いながら、しかし、せっかちに吸蜜していた。そのうち、いなくなったが、1時間ほどしてまた行ってみると、2頭飛んでいた。翅のきれいな方を撮ったが、翅の傷から先ほどと同じ個体らしい。
a0181059_1064387.jpg
a0181059_107246.jpg
a0181059_1092356.jpg


この日、クロアゲハ以外に見たものは、カラスアゲハ、コミスジ、ベニシジミ、擦れたツバメシジミ、ムラサキシジミだけだった。
昨年の今頃は、暗い木立の中のアオキの葉の上にたくさんムラサキシジミがいたのに、今年はいない。まだ、早いのかもしれないが、かなり淋しい。

by otto-N | 2011-08-04 10:23 | Comments(2)
Commented by owlj at 2011-08-04 21:49 x
クサギの花には黒色のアゲハチョウが集まりますね。
自分が美しく見える花を選んでるみたいです?
少しの違いを瞬時に見極めるのは、長年の愛情ですね。
このブログのおかげで少しずつ違いを見つけています。
Commented by otto-N at 2011-08-05 13:51 x
owljさん、このクサギは大きな木の陰にあり、暗いためほとんどピンボケになるので、少し明るい花の房にきたときだけ、シャッターを切りました。
黒いアゲハのメスは、暗い木立の間ばかり飛んでいます。
<< 2011.8.3 恵比寿 イチ... 2011.8.1 恵比寿 ヤマ... >>