たかがヤマト、されどヤマト

2011.8.19 青森県・奥入瀬    2011.9.3(記)

2011.8.18
函館近くの濁川温泉に着いたのは、昨日の18:00ころ。田んぼの中の温泉だった。もう少し山の中と思ったのに。掛け流しではあったけれど、旅館自体が・・・・・。昨年は、山1つ隔てた銀婚湯温泉に泊まって、広大な敷地内で、キベリタテハやオオヒカゲを撮ることができたのに、ちょっと悔しい。
この日は、函館14:00発のフェリーにの乗り、青森まで移動し、青森市内に宿泊。青森には暗くなってから着いた。

濁川温泉ではチョウは不作。ベニシジミと、しかたがなくタマジャクシからカエルになったばかりのカエル。
a0181059_1803014.jpg

内浦湾に沿って函館まで移動した。途中の海岸で一休み。この後、函館まで雨。青森も雨。
a0181059_1804974.jpg


2011.8.19
朝方に雨が止んだ。しかし、曇天。晴れるのを期待して、渓流の名所「奥入瀬」でハイキング。渓流の中ほどにある「石ヶ戸」というところにクルマを置き、川が流れ出す十和田湖畔の「子ノ口」まで、約10km、3時間歩いた。歩き始めたとき太陽が出てきた。途中でチョウくらいいるだろうと思ったが、とんでもない間違い。歩き出しでカラスアゲハを何回か見るものの、チョウは全然いない。湖畔に着いてもまるでいない。湖畔で食事後、タクシーでクルマを置いた場所へ戻った。そして、また、湖畔まで車道で登り、湖を半周し、東北道の十和田ICに抜けた。この日の宿は、栗駒山の麓にある岩手県・須川温泉。

雨で川の水は濁っているけれど、渓流と点在する滝が美しかった。そして、何よりも美しいのは緑。クルミとトチの木が多かった。
a0181059_18253511.jpg

遊歩道は、車道とは区別されており、自分のペースで歩くことができる。
a0181059_1826387.jpg

湖畔を半周後、東北道へ抜ける途中にあった展望台からの十和田湖。
a0181059_18282152.jpg


十和田ICに入ったのが15:00ころ、一関ICで東北道を下り、須川温泉までは、1~1.5車線の山道。1時間以上かかり、途中で一瞬、霧で真っ白。そこを抜けると青空が見え、日が暮れる前、17:50、やっと着いた。そして、食事中に太陽が沈み始めた。遠くに鳥海山がシルエットで見えるはずだが。
a0181059_22225439.jpg
a0181059_18290100.jpg
a0181059_18291587.jpg


十和田湖、奥入瀬渓流。チョウが全然いなかった。ひょっとしたら深山幽谷にはチョウはいないのではないか?と、思うほどだった。渓流沿いは、木が多く、しかも木が高いので日が入らず、花も咲いていない。誤算だった。
須川温泉に行く道路は、狭い割に交通量が多くて2度と通りたくないものであったが、温泉はすばらしかった。プール大の浴槽にじゃぶじゃぶと白濁の湯があふれていた。

by otto-N | 2011-09-03 19:10 | Comments(0)
<< 2011.8.20 岩手県・栗... 2011.8.17 北海道・十... >>