たかがヤマト、されどヤマト

2011.8.23 白金の森 カラスアゲハ    2011.9.6(記)

2011.8.23
朝方に雨があがり、薄曇り。気温もあまり高くない。絶好のヤマトシジミ日和。というわけで、半月ぶりに自然教育園に行った。

教育園にあり、枝が塀の外にはみ出しているクサギが1本。この木は、8月後半に花を咲かせる。前を通りかかると、クロアゲハとカラスアゲハが集まっていた。クロアゲハは、次々やって来る。ただ、傷んだものばかりなので、個体を選んで撮影した。
a0181059_19402392.jpg

カラスアゲハのほうがむしろ多いくらい。しかし、ちょっといいのはこの1頭だけだった。
a0181059_1941073.jpg
a0181059_19412161.jpg


ヤマトシジミは、教育園に隣接している児童公園にいた。この日の花はイヌタデ。日が薄くしか差さないので、翅を拡げて吸蜜する。
a0181059_19415492.jpg

4コマ目は、園内で撮影。ゲンノショウコは園内にしかない。
a0181059_19421294.jpg

a0181059_19423689.jpg

メスが2頭。1コマ目はほんの少しだけ青鱗粉。2コマ目は真っ黒。
a0181059_19425754.jpg

今年ここでは初めてのムラサキシジミ(♀)の開翅。
a0181059_19432099.jpg


クサギに集まるアゲハの撮影は難しい。じっとしていない、暗いのでピントが合わないというのが主な理由。そして、ピカピカだと思っても、翅が壊れている。歩留りがわるく、落ち込んでしまう。
ヤマトシジミは、思ったより新鮮なものがいた。そして、1ヶ月前よりも、前翅表の黒縁が少し凹み、表翅のブルーも灰色がかって見えたが、気のせいだろうか。

by otto-N | 2011-09-06 20:19 | Comments(6)
Commented by owlj at 2011-09-06 22:12 x
クサギとカラスアゲハ、動きがあって良いですね!
神秘的な青模様が花の色と合ってますね。半開翅が良いタイミングでした。
ヤマトシジミ 良い絵が沢山撮れましたね!
Commented by H.A. at 2011-09-07 08:10 x
ヤマトの♀もいい感じの色がついてきましたね。
もう少し秋が深まると青鱗が増えて楽しみです。
でも、黒いのも、なかなかいいですね。
Commented by otto-N at 2011-09-07 19:39 x
owljさん、クサギの花では、じっとしていなく、ほとんどブレ画像。動きがあるともいえますが、4コマ漫画でごまかしています。
さて、ヤマトシジミ。やっと冬を越した蛹が、代を繰り返して数を増やし、今ごろが一番数が多いのかなと思います。
Commented by otto-N at 2011-09-07 19:52 x
H.A.さん、ヤマトの前翅の黒縁が薄くなった個体も出てきました。
春に、残念ながら少し傷んでいましたが、信じられないくらい青いメスを見つけました。シルビア級の青メス、この秋の目標です。
(中途半端なものより、この真っ黒がいいでしょう)
Commented by 虫林 at 2011-09-08 13:35 x
さすがにヤマトは圧巻ですね。
細かい観察には頭が下がります。
これから秋の深まりとヤマトの変化が楽しみですね。
Commented by otto-N at 2011-09-08 19:54 x
虫林さん、ありがとうございます。
ヤマトシジミは、メスはもちろんですが、オスも微妙な季節変化があり、遊び相手としてはなかなかのものです。
今年、7月の沖縄で、メスのヤマトを撮りました。驚いたことに、夏でも全部青メスでした。沖縄のものは亜種らしいですが、「寒冷地ほど青メスは青い」と思っていましたので驚きました。地域性にも注目したいのですが、なかなか写真に撮ってもらえないのが難点です。
この秋は、青メス探しに追われそうです。
<< 2011.8.26 白金の森 ... 2011.8.20 岩手県・栗... >>