たかがヤマト、されどヤマト

2011.8.29 白金の森 ミヤマカラスアゲハ♀    2011.9.11(記)

2011.8.29
8月29日の続きです。オスより少ないカラスアゲハのメス。少ないというより、クサギの花では少なかったというべきか、薄暗い木陰を飛んでいるのはよく見かけた。

(これはカラスアゲハではなく、ミヤマカラスアゲハと判りましたので、タイトル名を「カラスアゲハ♀」から「ミヤマカラスアゲハ♀」と直させていただきました。ミヤマカラスアゲハは都心では珍しいと思います。Akakokkoさん、ダンダラさん、Shinさん、コメントありがとうございました。 2011.9.14)

a0181059_20402058.jpg
a0181059_20415139.jpg
a0181059_20403639.jpg
a0181059_20421019.jpg
a0181059_20405224.jpg


この日、10:00から13:00にかけて、ときどき、ヤマトシジミの所へいっていたので、ずうーっと張り付いていたわけではないけれど、3種類の黒色アゲハを420ショット撮った。連続シャッターではないので、私としてはすごい数。ピンボケばかりなので、意地で撮ったきらいはあります。
アゲハの来るタイミングには、どうやら周期があるようで、来ないときはぴったり来蝶が止まり、来始めると数頭やってきて、どれがきれいな個体か判らなくなるほどだった。それと、太陽の向き。ここでは、昼すぎのほうが光線的には好都合なことが、後で判明したが、後の祭りだった。


PS:
後翅裏が写っている画像。白帯が認められるので、どうやら、ミヤマカラスアゲハのようだ。
a0181059_12161987.jpg


by otto-N | 2011-09-11 21:04 | Comments(6)
Commented by Akakokko at 2011-09-11 22:42 x
後翅が奇麗ですね。
前翅の輝線が直線的なのでミヤマのようにも見えますね。
Commented by otto-N at 2011-09-12 12:23 x
Akakokkoさん、ありがとうございます。
ここには、先入観からいないだろうと思っていましたが、ミヤマカラスの可能性が高いです。
後翅裏の写っている画像を捜しました。不完全ですが、白帯がありました。
Commented by ダンダラ at 2011-09-14 09:32 x
何気なく見ていましたが、ミヤマカラスですね。
夏型は後翅の白帯が消えてしまうことが多いので、必ずしも区別点にはなりませんけど、あればミヤマですよね。
前翅の翅表の様子でも十分ミヤマとわかります。
都心にもいるんですね。
Commented by Shin at 2011-09-14 11:30 x
細くす~っと伸びた金緑色の帯
やはりミヤマカラスアゲハのようですね
教育園では消えた蝶として扱われていますが、どっこい生き残っていたのですね
朗報です
Commented by otto-N at 2011-09-14 13:23 x
ダンダラさん、こんな所にいるはずはないと思っていました。撮った本人もびっくりです。
ここには、ときどき、変なチョウが出てくるので、散歩にはうってつけです。(2年前の9月に、「散歩」のShinさんは、ツマグロキチョウを撮ってます)
Commented by otto-N at 2011-09-14 13:31 x
Shinさん、これで、教育園の絶滅危惧種の1つが、まだ「危惧種」にとどまっていることが確認できました。
絶滅種と諦めないで、しつこく通うことにしましょうか。
<< 2011.9.1 白金の森 ヤ... 2011.8.29 白金の森 ... >>