たかがヤマト、されどヤマト

2011.9.6 白金の森 キタキチョウ    2011.9.14(記)

2011.9.6
雨が降りそうな曇り空。自然教育園に2年前に現れた幻のチョウの再現を求めて、行ってみる。というか、通い続けている。

一瞬、前翅の黒縁が凹んでいないので、幻が出たかと思った。後翅の模様からキタキチョウだった。
a0181059_14174622.jpg

比較のため、近くにいたキタキチョウを撮ってみる。1コマ目は、上と同一個体。2~4コマ目は、それぞれ別の個体。(3コマ目はメス)
a0181059_14181979.jpg

最初の個体、ゲンノショウコだけ選んで吸蜜し、その辺を一周した後、元の場所近くに戻り、葉陰でお休みモード。
a0181059_14184287.jpg

帰り際のツバメシジミ。夏は天気の良くないほうがよく開く。
a0181059_14185743.jpg


幻のチョウではなかったけれど、(普通の)キタキチョウでも十分美しいパフォーマンスを撮ることができた。今年撮った画像で一番のお気に入りになるかもしれない。

by otto-N | 2011-09-14 14:36 | Comments(0)
<< 2011.9.7 白金の森 コ... 2011.9.1 白金の森 ヤ... >>