たかがヤマト、されどヤマト

2011.10.4 白金の森 ムラサキツバメ    2011.10.9(記)

2011.10.4
まだ、アサギマダラは残ってくれてるかも、と、自然教育園に行く。この日は晴れ。そして湿度が低い。日本全国、この秋1番の冷え込みだった。

園内に入っても、アサギマダラの気配はなし。どうやら、ここを見限ってどこかへ行ってしまったようだ。そのかわり、池の傍でムラサキツバメを発見。ちょっと遠かったけれど、翅を開いた。光る位置を捜して、横移動したが、同じような色にしか撮れなかった。でも、待望のムラサキシジミ♂の開翅。今年初にしては上出来。
a0181059_2017113.jpg
a0181059_20173099.jpg

この日は少し寒いくらいのからっとした晴れ。ムラツが現れたことだし、ムラサキシジミはどうかなと思っていると、ピカ新なメスが現れ、これも開翅した。
a0181059_20203345.jpg
a0181059_2021530.jpg
a0181059_20211991.jpg
a0181059_20215288.jpg

メスに較べて、オスは少ないものの、やはり現れた。
a0181059_2023241.jpg
a0181059_20234482.jpg
a0181059_2024045.jpg

そして、オスとメスが近くで同時に、翅を開いた。
a0181059_202616.jpg

このそばに現れたウラナミシジミ♀、まだまだ健在だった。
a0181059_20273036.jpg


そろそろ、ムラサキの季節。夏の間、昨年ほど姿をみせなかったムラサキシジミもようやく姿を現した。開翅する日は、だいたい、ほどほど寒く晴れた日かなと思っている。ムラサキシジミをファインダー越しに見ると、これで終わりにしようとは思うものの、姿が消えるまで撮ってしまう。
それにひきかえ、ムラサキシジミは絶対数が少ないうえ、神出鬼没だ。開翅したらラッキー。しかし、目標は、青紫色の幻光。カメラより下の順光がいいような気がするが、なかなかそうはいかない。

by otto-N | 2011-10-08 20:47 | Comments(6)
Commented by owlj at 2011-10-08 21:37 x
うわー! ビックリする紫色 名前通りのムラサキツバメ 感激です。
それより更に感動の燐光と言うのですか? 輝く青紫はムラサキシジミの神秘ですね ナイスショット!!
Commented by otto-N at 2011-10-09 20:53 x
owljさん、このムラサキツバメは少し遠かった。ピンボケでした。
ムラサキシジミのブルー、特にオスのブルーは大好きです。
これから、どんどん日向に出てきます。
Commented by tamayam2 at 2011-10-10 15:33
ムラサキツバメに続き、
>ピカ新なメス・・・なんてきれいなんだろう。
こんなの見られたら一日幸せでしょうね。
Commented by otto-N at 2011-10-10 19:54 x
tamayam2さん、これからは、ムラサキシジミとヤマトシジミのシーズンです。
特に、ムラサキシジミはたっぷりと、飽きるくらい楽しませてくれます。
Commented by Akakokko at 2011-10-11 23:06 x
ムラツ♂の色出しは難しいですね。
Shinさんの写真には脱帽でした。
ムラシも♂の方が魅力的な色ですよね。
Commented by otto-N at 2011-10-12 15:49 x
Akakokkoさん、ムラツ♂は、もう少し上から撮ることができれば、色が出たかもしれません。
ムラシ♂のブルーは深くて好きです。
<< 2011.10.6 白金の森 ... 2011.10.3 栃木県・鬼... >>