たかがヤマト、されどヤマト

2011.10.13 白金の森 ヤマトシジミ    2011.10.16(記)

2011.10.13
前日、ヤマトシジミの青♀の中でも、青部分が広いスーパーブルーは見つかったが、撮りきらないうちにオスのヤマトシジミにじゃまされた。この日も晴れ。自然教育園を少し見ただけで、隣の公園に行く。

羽化したばかりと思われるオスのヤマトシジミ。大きくて翅脈が白っぽい。
a0181059_19512314.jpg

a0181059_19514150.jpg

青っぽいメス。1、2コマ目は同一個体。3、4コマ目はそれぞれ別。
a0181059_19543093.jpg

a0181059_19551417.jpg

こちらのほうが、もう少し青いか・・・
a0181059_1956824.jpg
a0181059_19562625.jpg

ヤマトシジミ以外のチョウたち。ウラナミシジミ♂、園内にいたクロアゲハ♂、オオウラギンスジヒョウモン♀は、ボロボロでもまだ頑張っていた。よく見ると、右前翅に穴があいており、9/29に撮った個体だ。
a0181059_2002339.jpg


2度あることは3度はなかった。しかし、ヤマトの青♀はどんどん出てくるようだ。飛んでいるときに色で区別がつくが、ときどき擦れたオスと間違えることもある。それにしても、もう少し背の高い所に止まってほしいものだ。

by otto-N | 2011-10-16 20:15 | Comments(6)
Commented by owlj at 2011-10-16 21:29 x
羽化したばかり 若いと言う事ですよね。 
全体に力があって生き生きしてます。 翅脈の美しい事!
翅に穴があって頑張って居る姿も感動ですが、なかなか微妙な感想です。
Commented by kenken at 2011-10-16 22:46 x
ヤマト、もうこんなに青くなってましたかっ!
♀のさまざまなシーンの連続には圧倒されました。
このシーズン、キツネノマゴは、良い吸蜜源ですし、撮影にも重宝する植物ですね。
Commented by naoggio at 2011-10-17 20:14 x
いやはや、オス、メス共に大変な美形のヤマトシジミのオンパレードですね。
美しいとしか言いようがありません。
されどヤマト、真骨頂ですね。
Commented by otto-N at 2011-10-17 20:17 x
owljさん、まだまだ、前翅の黒縁の太いオスが、擦れていますが、飛び回っている中で、この白っぽいオスは目立ちます。
都心にはいないはずのオオウラギンスジヒョウモン、まだここで生きているというのはやはり感動的です。
Commented by otto-N at 2011-10-17 20:25 x
kenkenさん、そうです。日に日に青くなってきました。
青ければいいというものではないですが、毎日見つかります。
この公園のビオトープ、ただの雑草地帯ですが、イヌタデとキツネノゴマ(?)が咲いてます。
残念なことに、クロバーとカタバミは、この日、芝と一緒に刈られてしまいました。
Commented by otto-N at 2011-10-17 20:32 x
naoggioさん、ありがとうございます。
「スーパーブルー」を捜して、毎日通っているので、しばらくヤマトが続きます。
ちょっと御辛抱ください。
<< 2011.10.14 白金の森... 2011.10.12 白金の森... >>