たかがヤマト、されどヤマト

2011.10.18 白金の森 ヤマトシジミ    2011.10.22(記)

2011.10.18
昼からは晴れたが、午前中は曇り空。Tシャツの上に長袖を着ても、じっとしていると風邪をひきそうなくらいだった。気温は18℃くらいか。

さて、ヤマトシジミはこんな寒い日はどうしているのだろうか?いるわけがないと思っていたら、葉の上でじっと寒さと風に耐えているのを何頭か見つけた。風がそよぐと、前翅を後翅の中に引きこむように、身を縮める。
a0181059_106353.jpg

一瞬、空が明るくなったとき、オスが飛んで来て、翅を拡げた。
a0181059_1071936.jpg

昼ころ、空は晴れてきたが、ビオトープは日蔭になる。開翅をあきらめた。ウラギンシジミが木の上に。教育園の前を通ると、ナミアゲハがアザミに。入園するつもりはなかったが、ちょっと入ってみた。
a0181059_1085690.jpg

園内に入ったら、アサギマダラ♀が来ていた。が、翅も拡げず、10分ほどで木々の間に消えた。頭は花粉でいっぱいだった。
a0181059_1092825.jpg

アザミにこんなに花粉があったのかと思って、アザミを見ると確かに花粉がきれいについていた。というわけで、花の写真を撮った。ノハラアザミ、ユウガギク、ホトトギス、イヌショウマ、アキノウナギツカミ、タイアザミ。載せなかったが、カリガネソウ、ツリフネソウ、シロヨメナもまだまだきれい。(チャの花を撮り忘れた)
a0181059_1095369.jpg

この時期、一番好きな花はミゾソバ。可愛いながらもあでやか。
a0181059_10102610.jpg


さすが、人間が寒いと思ったときは、チョウは出てこない。この次の日(19日)も完全に曇り。最高気温17.5℃で11月中旬並みの気温。薄日が差すのを期待してちょっと行ったが、やはりダメ。18℃でも日が差すと開翅するのだが・・・

by otto-N | 2011-10-22 10:43 | Comments(2)
Commented by owlj at 2011-10-22 11:37 x
寒いと蝶も重ね着ですね!
アサギマダラは何故か心惹かれる蝶です。 綺麗に撮ってくれてるからかな!
花も真上からのアングルだと新鮮な感動を与えてくれますね。
どの花も生命力に溢れてます。 優雅なのに可憐‥
Commented by otto-N at 2011-10-22 20:25 x
owljさん、風がそよぐたびにきゅっと身を引き締める様子は、けなげで可愛いですよ。
アサギマダラはこれで最後でしょう。
全部真上からと思いましたが、イヌショウマだけちょっと斜め上でした。
<< 2011.10.20 白金の森... 2011.10.17 白金の森... >>