たかがヤマト、されどヤマト

2011.11.25 恵比寿 クロアゲハ    2011.11.30(記)

2011.11.25
いつもの日だまりに行く。小春日和、東京の最高気温は15.7℃だった。

ヤマトシジミの新鮮なメスは現れず、ムラサキシジミのポイントへ行くと、タテハチョウが横切る。まだ、エルタテハがいたのかと思って、近寄るとアカタテハだった。ここでは珍しい。
a0181059_14252533.jpg

アカタテハが去った後、ムラサキシジミが降りてきた。どちらもメスだった。
a0181059_14264963.jpg

ロベリアの植え込みに戻ると、クロアゲハが来ていた。右の尾状突起が欠損した昨日の個体だ。尾っぽだけが玉に傷、鱗粉の粒はくっきりしている。
a0181059_1427159.jpg
a0181059_1427284.jpg

昼過ぎ、再び行ってみたが、ヤマトシジミしかいなかった。新鮮なオスがいたので撮る。
a0181059_14275174.jpg


そろそろ、ヤマトシジミでさえ少なくなってきた感がある。ほとんどスレているが、中には、新鮮なものもいる。白い翅脈がくっきりと目立ち、全体的に白っぽいが、なかなか綺麗だと思う。
クロアゲハが、またやってきた。21日に最初に見たので、5日目になる。最初はピカピカだったのに、あちこち擦り傷がついていた。大きくて目立つので、子供たちに追い回されたのかもしれない。他に吸蜜の花がないとみえ、ロベリアの花にいつまでもつきまとっていた。

by otto-N | 2011-11-30 14:55 | Comments(2)
Commented by owlj at 2011-11-30 21:08 x
あのピカピカだったクロアゲハが‥ こんなになってしまうなんて!
生きていくのは、皆苦労するのですね。
ヤマトシジミの雄の白い翅脈は青色と共にやはり美しい!!
スーパーブルーと比べると弱々しい気もしますが‥‥
Commented by otto-N at 2011-12-01 15:56 x
owljさん、アゲハは大きくて目立つので、子供たちに追いかられやすいのかなと思います。
ヤマトシジミの白オス(?)は、確かに弱々しい印象もありますね。
<< 2011.11.27 千葉県・... 2011.11.24 東京・恵... >>