たかがヤマト、されどヤマト

2011.11.29 恵比寿 ヤマトシジミ    2011.12.3(記)

2011.11.29
日が差しても、まるで寒い日だった。ヤマトシジミもあまり飛んでいなかった。

山吹の葉の上に、翅を閉じてじっとしているヤマトシジミを見つけた。翅を拡げるのをじっと待つ。我慢比べだ。曇が薄くなり、少し日の光が強くなったとき、翅を開いた。綺麗なオスだった。
a0181059_1261795.jpg
a0181059_1264560.jpg

このアングルはヤマトシジミらしくない。
a0181059_1255988.jpg

11月に入ってから、オスは白っぽいのばかりが目についた。昨年の同じころは、前翅の黒縁が太い個体も多かったのだが、まるで見ていない。これは、昨年(2010.11.24)に撮った写真。場所も同じだ。右は、青メスに迫っているオス。
a0181059_1214887.jpg


先ほどのヤマトシジミの4枚の写真をパノラマ合成したところ、右にいくほど赤くなってしまった。どうやら、フォトショップのパノラマ合成は、繋ぎ目だけではなく、色彩もグラジュエントになるようだ。ただ、写真を繋げたほうが、3Dっぽく見える。
a0181059_12205229.jpg

同じ写真を間隔をあけて並べると、色は変わらない。
a0181059_1221217.jpg


太陽が少し出たくらいでは、チョウは姿を見せない季節となった。昨年はどうだったのだろうかと、昨年の画像を見ているうち、ヤマトシジミのオスは、白っぽいものばかりでなく、夏型に近い、黒縁の太いものも多数写っていた。今秋は、黒縁が薄く全体が白っぽいオスばかりだったような気がする。もう11月末だというのに、新鮮な白いオスが目につく。暖かったため1化多いのかな、とも思ってしまう。

by otto-N | 2011-12-03 13:04 | Comments(6)
Commented by owlj at 2011-12-03 21:01 x
本当に綺麗な雄のヤマトシジミですね!
ブルーが薄くて、翅脈の白さが草食男子の感じがします。
傷も無くこんなに綺麗という事は若いのでしょうね。
Commented by otto-N at 2011-12-03 22:06 x
owljさん、確かに、か弱い草食系の感がありますが、オス同士の争いは頻繁にあります。
また、ヒトと違い、メスを捜して1日中必死に飛び続けています。
このオスは、たぶん羽化仕立てでしょう。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2011-12-04 22:18
流石に非越冬種のヤマトシジミはぼちぼち終わりですね。私、昨日の12/3にヤマト雄を見ましたよ。今年ラストかもしれません。
Commented by naoggio at 2011-12-05 10:30 x
いやいや、なんとも瑞々しく見事なヤマトシジミ。
ここまで美しいのは見たことがありません。
感動的ですね。
Commented by otto-N at 2011-12-05 17:45 x
ノゾピーさん、コメントありがとうございました。
12月の課題は、①綺麗なヤマトはいつまでいるか、②ボロでも終見はいつか、です。
が、ボチボチ終わりです。
ヤマトの場合、「斜め45度順光開翅」が基本ですが、「マダムDのアングル」、すなわち「後方V字開翅」もいいですぞ。
Commented by otto-N at 2011-12-05 17:51 x
naoggioさん、オスのヤマトは、naoggioさんのエノコロ・ヤマトに刺激されました。
以来、背景の綺麗なところにとまったものは、すかさず撮ることにしています。
ホント、これは綺麗だと思いました。
<< 2011.11.30 恵比寿 ... 2011.11.27 千葉県・... >>