たかがヤマト、されどヤマト

2011.11.30 恵比寿 ヤマトシジミ    2011.12.6(記)

2011.11.30
前日は晴れていたにもかかわらず、チョウが飛ばないほど寒かった。しかし、この日は、打って変わって小春日和。東京の最高気温は19.4℃もあった。寒かった分を取り戻すかのように、チョウは驚くほど飛んでいた。

ヤマトシジミの新鮮なメス。明るすぎ、写りがよくないが、スーパーブルーだ。
a0181059_1701962.jpg
a0181059_1571547.jpg

何日か前に草刈りされ、やっと残ったちびたカタバミの花に吸蜜するものの、地べたのチョウといえ、やはり淋しい。
a0181059_16145257.jpg
a0181059_158694.jpg

目いっぱい翅を拡げ枯葉で休むヤマトシジミ。右ほど翅が輝いている順に並べたが、3Dになってしまった。
a0181059_1583358.jpg
a0181059_15105383.jpg

ヤマトシジミの淡麗なオス。撮影時間はずいぶん違う。同一個体かどうかは不明。
a0181059_15173153.jpg
a0181059_15175463.jpg

ロベリアの花で吸蜜するヤマトシジミ(♀)、モンシロチョウ、キタキチョウ、ウラナミシジミ(♂)。
a0181059_15184597.jpg

ウラギンシジミ(♂)も、石垣の蔦の葉の上で開翅。
a0181059_15201969.jpg
a0181059_15211160.jpg

一番よく撮れたのは、ツツジの植え込みにやってきたムラサキシジミ(♀)。
a0181059_1523484.jpg
a0181059_15233243.jpg


気温の低い日が続いたせいか、小春日和になると、さすがにチョウが飛び交う。ちょっと嬉しかったのは、まだまだ新鮮なウラナミシジミだった。もちろん、ピカピカのヤマトシジミがまだ健在だったことは、もっと嬉しいことだった。もう、12月。いつまで、出てきてくれることか、せめて中旬まで楽しませてくれるとよいのだが・・・

by otto-N | 2011-12-06 16:02 | Comments(6)
Commented by owlj at 2011-12-06 21:27 x
小春日和の蝶達の開翅! 皆綺麗ですね!!
キラキラはやはりムラサキシジミかなー 輝きが特段です。
ロベリアの花はまだ元気そうですから、もう暫くは元気に飛んでくれるのではありませんか?
期待をこめて‥‥
Commented by Akakokko at 2011-12-06 23:17 x
3D合成、面白いですね。
しっかり飛び出して見えますね。
機会があれば兆戦したいと思います。^^)
Commented by tef_teff at 2011-12-07 17:13
まだ、モンシロチョウが居るんですね。
以前、東京都、秩父の年間平均気温の差を調べたら2℃でした。この差は緯度にして鹿児島と東京の差になるそうです。
Commented by otto-N at 2011-12-07 20:32 x
owljさん、晴れていても気温が上がらないと、チョウが出てこなくなりました。
ムラサキシジミだけは、今月いっぱい大丈夫と思います。
Commented by otto-N at 2011-12-07 20:37 x
Akakokkoさん、3Dは、「あやはべる」のfuruさんが元祖です。
たくさん撮れたとき、やってみてください。
私の場合、画素数をそろえ、手動でパノラマ合成するだけです。
これがヒントで、4コマ漫画になりました。
Commented by otto-N at 2011-12-07 20:46 x
tef_teffさん、ピカピカのヤマトはいるし、モンシロチョウもまだ健在なようです。
都心は、澱んだ空気のせいで、冬でも氷が張りません。
そういえば、30年前は、秩父の夜祭があるころは、もう真冬でしたね。
スキーのため、初雪を待ってました。今、思い出しました。
<< 2011.12.5 千葉県・房... 2011.11.29 恵比寿 ... >>