たかがヤマト、されどヤマト

2012.5.11 多摩丘陵 クロヒカゲ    2012.5.17(記)

2012.5.11 多摩丘陵
この日も晴れ。アオバセセリを撮りに、またここへ。もう少し早く来てみた。8:30に到着したが、ヒメウツギは木立の陰の中。9:20分ころ、日が当たり始めたが、一向に来る気配なし。やって来たのは、三毛猫さん。こちらを見下ろし、ぼりぼりやっていた。
a0181059_19561168.jpg

結局、11:30まで張り込んだが、現れず。前日、同様、付近に来たチョウを撮る。ダイミョウセセリ、ヒメウラナミジャノメ、ずいぶん小さなオナガアゲハと思ったら胴が赤く、ジャコウアゲハだった。新鮮なコチャバネセセリ。ダイミョウセセリの前翅の紋の1つはダンダラさんが5月4日の記事に書かれていたように完全に白かった。
a0181059_19582720.jpg

暑くなったのでここを諦め、山道をうろついていたところ、コジャノメを発見した。いつも、ハイキング中に見かけるがじっくり撮ることもないので、しばらく遊んでもらう。
a0181059_2084357.jpg
a0181059_2091835.jpg

明るい道に出たとたん、クロヒカゲがテリ張りしていた。
a0181059_20143858.jpg

近くにクロヒカゲはもう1頭いて、お互い追いかけまわしていた。が、途中で絡んだと思ったらすとんと茂みの中に落ち込んだ。もしやと思って近づくと、やはり、そうだった。葉に当たった光が反射し、ちょっといい雰囲気だった。
a0181059_20144275.jpg


アオバセセリは現れず、現れたのは三毛猫さん。「今日も来ないよ」とばかり、くつろいでいた。アオバセセリには振られたが、コジャノメは適度に楽しかった。クロヒカゲの交尾シーンは、交尾好きではないのだけれど、これなら交尾シーンも悪くはないものだと初めて思った。

(次回は、3度目の正直です。三毛猫さんも登場します)

by otto-N | 2012-05-17 20:29 | Comments(8)
Commented by owlj at 2012-05-17 21:00 x
ダイミョウセセリの白紋と縁の白がこの蝶を美しく見せてますね。
ジャコウアゲハの翅の透明さは格別です。
コジャノメの裏翅の◉の脇を縦に走るムラサキっぽい縞が綺麗です。
明日の猫はどんなポーズでしょうか?
Commented by Shin at 2012-05-18 07:06 x
ちょっと時期が違うと姿が無い
ホームグランドのトラフもそうでしたね
Commented by banyan10 at 2012-05-18 07:53
交尾好きとしてはクロヒカゲは未撮影なので羨ましいです。
コジャノメ開翅も性標が見えていいですね。
アオバは書き方からすると次で見れたのかとも思いますが、この場所は連休くらいがピークなのでしょうかね。
Commented by yoda-1 at 2012-05-18 12:38
多摩丘陵もいろいろな蝶の出現が早いですね。
クロヒカゲの交尾はYODAも見た覚えがありますが、このような新鮮個体同士ではなかったのでうらやましいです。
雌雄の丸み具合や色合いの淡さの違いがよく分かって素晴らしいです。
Commented by otto-N at 2012-05-18 14:34 x
owljさん、このジャコウアゲハはちょっとスレていましたが、翅が透き通っていたので載せました。オスは初めて撮りました。
コジャノメはおっしゃるとおり、飛んでいるときも青(紫)が判ります。
三毛猫さんは、アオバセセリの出る日を知っているようでした。
Commented by otto-N at 2012-05-18 14:36 x
Shinさん、結局、3日行きましたが、微妙な気温の差のような気がします。低いと、ウノハナが香らないのかもしれません。
Commented by otto-N at 2012-05-18 14:50 x
banyanさん、クロヒカゲはとてもいい場所におりてくれました。といっても、崖を登り這いつくばらざるをえませんでしたが。
コジャノメの性標は、「フィールドガイド」を見て、初めて性標と知りました。とても役に立ち助かります。
ここのアオバは次で撮れました。おっしゃるように連休がピークで、数は少ない印象でした。
Commented by otto-N at 2012-05-18 14:53 x
yodaさん、交尾好きではないですが、このところ、たて続けで遭遇してます。
下りた場所がよかったせいか、これなら交尾シーンも悪くはないなと思いました。
<< 2012.5.14 多摩丘陵 ... 2012.5.10 多摩丘陵 ... >>