たかがヤマト、されどヤマト

2012.6.14 横浜② ウラナミアカシジミ    2012.6.17(記)

2012.6.14 横浜②
昼近くになって、やっとミドリシジミを撮ることができたが、その後は、まるで姿はなし。夕方の卍飛翔を見て帰ることにした。しかし、3時半をすぎても、ミドリシジミは現れなかった。

朝、ミドリシジミが出る場所にいたヒカゲチョウ。久しぶりのヤマトシジミのメス。珍しくドクダミの花で吸蜜した。一瞬、翅が虹色に輝いたが、すぐ飛んでいってしまった。
a0181059_19592137.jpg

池の奥には高い木々に囲まれた原っぱがあり、入り口の木にとまっていたミズイロオナガシジミ。少し風がありボケボケだったが、やっと撮れた。待っていても帰るまで翅は開かなかった。
a0181059_2022724.jpg

この原っぱの中央付近にあった木に、ウラナミアカシジミが隠れていた。葉の間にレンズを入れ撮った。ゆっくりと動き回るので、ときどき前の葉がじゃまになった。
a0181059_2055713.jpg

a0181059_2061998.jpg

風が出てきたせいか、樹上から下に舞い降りてくる個体がいた。黒斑列と黒斑列の間が少し白っぽい。実は、右の尾状突起が半分欠けている。
a0181059_2093558.jpg

尾状突起の欠けがわからないように、左に回り込むものの、絶えず動き回り、なかなか撮らしてくれなかったが・・・
a0181059_2095981.jpg

この日の午後のハイライトは羽化直のシンジュサン。抜け殻の繭にとまったままじっとしていた。左が裏翅、右が逆光だが、表翅。
(蛾は守備範囲外ですが、これを撮っていた方々の中にブログをされている方がおられなかったようなので、写真としては不十分ですが、この日の報告ということで掲載します)
a0181059_20101193.jpg


午後からはミドリシジミの動きはなく、3時半になっても卍は見られず、諦め帰ることにした。その後に見られたとしたらちょっと悔しいが、この公園でのウラナミアカシジミを撮ることができたし、なにより、ミドリシジミの開翅が嬉しい日であった。

この公園で毎日のように顔を合わせたカメラマンの方々、今年も、とても楽しく撮影できました。たいへんありがとうございました。

by otto-N | 2012-06-17 20:40 | Comments(6)
Commented by himeoo27 at 2012-06-17 21:19
埼玉県南部のミドリシジミの卍巴飛翔は4年前観察した
ことがあります。
その時の時間帯は17:00~18:30頃でした。
Commented by owlj at 2012-06-17 21:37 x
シンジュサン! 蛾というだけで翅の模様が全く違いますね。
繭というと蚕ですよね? 大きな姿が想像できます。
蝶の方が綺麗かな? 可愛らしいし‥
Commented by みき♂ at 2012-06-18 01:44 x
こんにちは。
やはりシンジュサン撮っておられましたね。
私は武蔵野市からミドリシジミ狙いで初めて行きました。
ミドリシジミの開翅が撮れたのも嬉しいですが、シンジュサンに出会えたのもそれに劣らず嬉しかったです。
ミドリシジミはまだ♂しか撮れていないので、♀はどこで撮ろうか思案しているところです。
出来れば都内の公園で撮りたいですが、今のところ振られてばかりです。
Commented by otto-N at 2012-06-18 19:26 x
himeooさん、ここではそんなに遅くならない時間帯に少しは出てくるのはずなのですが・・・
16:00ごろからかもしれません。
Commented by otto-N at 2012-06-18 19:31 x
owljさん、この蛾は大きいです。蛾なので、当然、毛むくじゃらです。
蛾は、飛んだ時、鱗粉をまき散らしそうなので、あまり好きではありません。時間があり余っていたので撮影しました。
Commented by otto-N at 2012-06-18 19:37 x
みきさん、蛾はほとんど苦手です。
今回は、ミドリシジミのメスをまともに撮れませんでしたが、出てくるのがオスより遅いので、まだ間に合うと思います。
都内の公園にもいるはずですが、撮影となると、みなさんとても親切ですし、ここはなかなかの場所です。
<< 2012.6.15 白金の森 ... 2012.6.14 横浜① ミ... >>