たかがヤマト、されどヤマト

2012.6.19 白金の森② トラフシジミ    2012.6.22(記)

2012.6.19 白金の森②
オオウラギンスジヒョウモンは、ときどきどこかへ行ってしまうが、ひょっと見ると、ノウルシに似たタカトウダイという草の上にトラフシジミがとまっていた。しばらくしたら、ススキの葉の上に移り、すりすりを続けていた。
a0181059_14403264.jpg

その後、近くのこみ入った葉の上に移り、じっとしたまま動かなくなった。しばらくほおっておいたら、突然の開翅。草が邪魔で思うようなアングルで撮れなかったが、やはり、緑の上はいい。曇った空のほうが、しっかり青いような気がする。格別な青だった。
a0181059_1414518.jpg
a0181059_1421776.jpg

この日撮った他のチョウたち。裏の斑紋がないのっぺりしたムラサキシジミ。どこにもいるヒカゲチョウ。モンシロチョウもトラノオに吸蜜すると絵になる。草の中で休むナミアゲハ。
a0181059_1451995.jpg


トラフシジミの開翅は、オオウラギンスジヒョウモンを待っている間の束の間の出来事だったけれど、この日トラフシジミを見たのはこの1回だけだった。曇りの日のトラフブルーを撮りたかったので大満足。
昼近くになると、だんだん雲が厚くなり、離れたところで吸蜜していたオオウラギンスジは吸蜜を止め、葉の上で休んでいるだけだった。そして、葦の間に潜ったと思ったら、ぽつぽつと雨が降ってきた。

by otto-N | 2012-06-22 15:10 | Comments(8)
Commented by ダンダラ at 2012-06-23 09:43 x
きれいな色ですね~。
夏トラフの翅表もこれだけきちんと撮った写真というのは見たことないような気がします。
お見事です。
Commented at 2012-06-23 09:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by otto-N at 2012-06-23 20:29 x
ダンダラさん、夏トラフは、春トラフのように裏翅が透けてませんが、ブルーが濃い分、トラフらしいともいえます。
夏トラフは、日差しが強いときしか開かないと思っていたので、意外でした。開くまで待ったかいがありました。
Commented by otto-N at 2012-06-23 20:42 x
鍵コメさん、ありがとうございます。
今、旅行中で、泊ったホテルのフロント横のPCでレス書いてます。
急に日曜の天気予報がよくなったので、出かけてきてしまいました。
来年こそはと思います。
Commented by himeoo27 at 2012-06-24 20:23
夏トラフ開翅の輝き、春の裏翅を透過したものと
異なり深く綺麗ですね!
いやあ~良いですね!!!!
Commented by otto-N at 2012-06-25 22:06 x
himeooさん、夏トラフは、カラッとした晴れの日に開翅すると思っていましたが、曇ったときも開いたので、開翅する基準が判らなくなりました。
この曇ったときのブルーは、日が射したときとは違うブルーですね。
Commented by naoggio at 2012-06-26 10:50 x
ウワワ〜ッ !
もはや目の毒以外の何ものでもありません(笑)。
来年は是非ともトラフ予報をお願い致します。
当たったら「トラフ予報士」の称号と賞状、商品をセットで送らせて頂きます。
Commented by otto-N at 2012-06-26 20:47 x
naoggioさん、目の毒はお互い様ですよーっ。
気象庁の天気予報さえ当たれば、トラフの開翅予測は当たるかもです。
今日(26日)は、開翅しました。でもボロボロ個体ばかりでした。
(予測を確認しに行きました)
<< 2012.6.24 長野県・白... 2012.6.19 白金の森①... >>