たかがヤマト、されどヤマト

2012.6.25 長野県・栂池 ヒメシジミ    2012.6.30(記)

2012.6.25 長野県・栂池
白馬に泊まった翌朝、初めは晴れていたが、山のほうは雲が下りてきた。天気は崩れそうもないので、2つ向こうの栂池スキー場に行く。スキー場の奥には、標高1900~2000mにわたって、「栂池自然園」という湿原がある。雪がまだ相当残っているということだが、どんなところか行ってみた。

栂池は、30年前に一度だけ来たことがある。当時は、八方尾根もそうだが、全山コブだらけの斜面、馬の背という狭くてカリカリのアイスバーンに手こずったことなどを思い出した。ゴンドラを降り、ロープウェイでさらに登ったところが、湿原地帯。まだ半分雪だった。雪が解けたところでは水芭蕉も咲いている。木道が整備されているが、途中からはまだ雪に覆われていた。とにかく、終点まで登る。山はガスがかかりよく見えないが、とにかく、新緑がきれいだった。
a0181059_17171592.jpg

雪の中を登った。斜度もなく固く締まった雪なので楽だった。2コマ目は、終点の展望所、白馬大雪渓が望めるはずだったがこの景色。3コマ目、帰り道に大雪渓がチラッと見えた。
a0181059_1943150.jpg

やっと新緑。とても緑が美しい。
a0181059_1721854.jpg

湿原の入り口に戻ってきた昼ころには、ガスが晴れ、山頂が一瞬見えた。
a0181059_17212394.jpg

途中であった高山植物たち。ミツバオウレン、イワカガミ、シラネアオイ、マイズルソウ、水芭蕉とショウジョウバカマ、最後のピンクは不明。
a0181059_17304149.jpg

ロープウエイの山麓駅付近の花。まず、サンカヨウ。
a0181059_1736315.jpg

キヌガサソウ。
a0181059_17391287.jpg

コミヤマカタバミ。
a0181059_17373619.jpg

やっと見つけたチョウ。スジグロシロチョウ。他にキマダラヒカゲが飛んではいたが・・・
a0181059_17415469.jpg

ゴンドラで下界におりると、空は快晴。気温も高かった。山々だけが雲の中。帰り道、少しはチョウを捜し、やっと見つけたヒメシジミ。だが、暑すぎて開翅もしてくれなかった。
a0181059_17424544.jpg


この時期、雪の中を歩くとは思わなかった。例年ではもう下の湿地帯は雪が解け、全面、水芭蕉の世界だそうだ。全面の水芭蕉は見られなかったが、残雪の中の新緑、とにかく素晴らしかった。

by otto-N | 2012-06-30 18:01 | Comments(12)
Commented by himeoo27 at 2012-06-30 20:04
蝶は少なかったようですが、
新緑や可憐な花々どちらも素敵ですね!
Commented by owlj at 2012-06-30 20:46 x
本当にこの季節の山は思いがけない新緑と残雪に驚かされますね。
でも気持ちが晴れやかになる様子が伝わりました。
高山植物は可憐で健気ですねー。 
Commented by midori at 2012-06-30 22:45 x
とても素敵な景色を拝見させて頂き、感激しました。栂池は、冬には
何度も訪れているパラダイス。“馬の背”ですか...早くシーズン来ないかな~(*^_^*)!?
Commented by naoggio at 2012-07-01 15:55 x
今頃の栂池、こんな感じなんですね。
花の写真が素晴らしいです。
殊にサンカヨウは光も美しくいいですねえ。
↓のヒメシジミの塒、すごいですね。一瞬合成かと思ってしまいました。
Commented by otto-N at 2012-07-01 17:53 x
himeooさん、晴れていたら、湿原にも越冬タテハ類が出ていただろうと思います。
花ばかり撮って記事にしました。ゴンドラ下はミズナラ林。何も飛んでいる様子はなく、いずれにしろ、チョウは付け足しです。
Commented by otto-N at 2012-07-01 17:56 x
owljさん、たまには、ハイキングもいいものです。
今年は、新緑ハイキングに出かけていなかったので、ちょうどよかったです。
雪解け直後なので、高山植物を全く期待していなかったのですが、可愛いですね。
Commented by otto-N at 2012-07-01 18:00 x
midoriさん、まだ雪が溶けたばかりですよ。私は、栂池より、八方でした。
それより、スキー板は、「ロッカースキー」が主流になりますよ。
Commented by otto-N at 2012-07-01 19:31 x
naoggioさん、今年は雪解けが遅かったようです。
花の写真は、ズームのテレ端で撮りました。日陰の花はなかなか隠微でいいです。
ヒメシジミは、こんなに集まって夜を過ごすとは知りませんでした。
まるで雀のお宿です。
Commented by Shin at 2012-07-01 21:31 x
大雪渓は猿倉から3度登りました
頂上から三国境の尾根道でタカネヒカゲを採りましたが今でも居るでしょうかね?
Commented by otto-N at 2012-07-01 23:17 x
Shinさん、懐かしの大雪渓ですね。
いつか登ってみたいです。
昔は、雪山を見るとスキーで滑ることばかり考えていました。
今も山スキーは憧れです。登りさえなければ・・・
Commented by 久保田 at 2012-07-02 19:23 x
ピンクの花はイワナシです。草本ではなく常緑の低木であるため、図鑑では省かれることが多い種類です。
Commented by otto-N at 2012-07-05 19:42 x
久保田さん、名前を教えていただきありがとうございました。
たいてい可愛い花は妻が見つけ写真に撮っておきますが、名前がほとんど判らなく、後で困ってしまいます。
今後、判らなかったら事前に相談したいと思いますので、そのときはよろしくお願いします。
(今日、北海道から帰ってきました。東京は蒸し暑いです)
<< 2012.7.2-5 北海道・... 2012.6.24 長野県・白... >>