たかがヤマト、されどヤマト

2012.7.17 山梨県 ウラジャノメ    2012.7.18(記)

2012.7.17
前の週に出かけたが、霧で覆われ不調に終わった山梨県の山中へ再度行く。あまりにも天気が良すぎだった。この日が関東地方の梅雨明けだったことを後で知った。

昨年偶然見つけたアイノミドリシジミ?のテリ張りポイントと思われる場所に着いたのは9:30。昨年は、林道にも結構な数のゼフを見ていたが、今回は全く飛んでおらず、ダメかと思ったが、1頭だけいた。飛んでもすぐ同じ場所に戻ってくるが、翅はちょっとしか開かなかった。少し遠いし、逆光気味。昨年は、足元にもいたのだが、数ショットしか撮れないうちにどこかへ行ってしまい、それっきりだった。思えば、着くのが遅すぎた。といっても、この場所、この時間でやっと日が当たり始めたようで、撮影に適した場所とは思えないが。
a0181059_2023075.jpg

近くのドングリの木があるところを探しても、昨年と違って全く気配がなく、どうしようかと迷ったあげく、頂上まで登ることとした。昨年は擦れてはいたが、ウラジャノメがいたことを思い出したからだ。また、ギンボシヒョウモンも飛び廻っているはずだ。

山頂まで、約40分の登り。頂上に着いたときは、富士山は雲に隠れていた。山頂近くの草原にはヒョウモンが飛んでいたが、アザミも花はほとんど咲いていない。ただ飛び回っているだけだった。頂上でしばらく休んでいると、見慣れないジャノメが飛んできた。剥き出し土の上にとまり、翅を拡げる。ウラジャノメだった。結構敏感で追い回した。
a0181059_20592266.jpg

そのうち、近くの葉の上にもとまり翅を拡げてくれた。なかなか綺麗だった。
a0181059_20262421.jpg

気がつくと、いたのは1頭だけではなかった。時間帯によるのか数頭あちこちに舞っていた。少しは個体差もあるようだった。4コマ目、樹液を吸っているように見えるが、よくあるコンクリート製の手すり。ひび割れたところにおいしいものがあるようだった。
a0181059_20283494.jpg

やはり、緑の葉の上での開翅が一番。実はこの個体、一度手乗りにしたところ、汗に味をしめたらしくいつまでも付きまとわれた。とても綺麗な個体だった。
a0181059_20321546.jpg

開翅に飽きて撮ったが、風でピンボケの連発。
a0181059_2038340.jpg

正午すぎ、やっと富士山の頂上が見えてきた。しかし、なかなか雲がなくならなかった。山頂下の草原で飛んでいたギンボシヒョウモン、やっと撮影できた。可愛い花だと思って撮ったら、ヤマオダマキというらしい。帰る途中、林道わきにいたミドリヒョウモン。そんなに山の中ではないと思ったが、林道で鹿に2回も逢った。猿の群れもいた。
a0181059_20391770.jpg


やはり、事情があるにしろ、到着時間が遅くてはゼフはダメ。かわりに、この日は、ひらめきで登った山頂で、ウラジャノメと遊んでもらったが、最初は登るつもりがなく飲み水が準備不足。下山してから登山口近くにある水場の水のおいしかったこと。たらふく飲んでしまった後で少し心配になったけれど、今のところ大丈夫なようだ。

P.S.
ウラジャノメは、昨年初めて見たと思ったら、違った。数年前の7月、霧ヶ峰にハイキングに行ったとき、そこいら中にいた。翅も開かず、登山道で吸水か吸汁しているだけの汚いチョウだった。(チョウ写真を撮り始める前の話)。

by otto-N | 2012-07-18 21:08 | Comments(10)
Commented by owlj at 2012-07-18 22:11 x
アイノミドリシジミ‥開翅したらどんなに綺麗に輝くのでしょうか!
ウラジャノメとは、よく名付けたものですねー
裏翅の◉が表翅に透けてる様で、少し塩味がお気に入りなのかな?
蝶の味覚も夏バージョンですね。
Commented by naoggio at 2012-07-19 15:54 x
ウラジャノメってかなりきれいな蝶ですよね。
あまりブログにも上がってきませんが大好きな蝶です。
そう言えば最近お目にかかっていないかもしれません。
ススキの葉の上での開翅、見事です。
Commented by otto-N at 2012-07-19 17:34 x
owljさん、アイノミドリシジミの全開は、たくさんの方が撮られています。基本的には自分でも撮ってみたいもの。今年も敗退です。
前翅の少し薄いところは、摺れているのではなく、裏の白紋!気がつきませんでした。
Commented by otto-N at 2012-07-19 17:43 x
naoggioさん、ウラジャノメはあまり見たことがなかったので、楽しく撮りました。
山頂に後からやって来た2組の方から、珍しい蝶なんですか、と聞かれ、返答に困りましたが。
記事を書いてから、霧ヶ峰に沢山いた目立たない汚物好きのジャノメだったことを思い出しました。
翅を開くとなかなかのもの。ジャノメ好きの方の気持ちが判ります。
Commented by ma23 at 2012-07-19 20:53 x
ウラジャノメは信州ならではの蝶なので、行くと必ず撮ってしまいます。蛇の目がかっこいいですよね。
アイノミドリシジミの全開、、天気よければ霧ヶ峰で見られますよ。
Commented by otto-N at 2012-07-19 22:17 x
ma23さん、ウラジャノメは、あまり信州には行かないので、これで3回目。葉っぱの上だと、ついつい、これでもかというまで撮ってしまいます。
ミドリ以外のミドリのオスの開翅を、まともに撮ってないので、何でも可です。が、朝早くができません。
Commented by ダンダラ at 2012-07-20 09:50 x
ウラナミジャノメは最近数が減ってきて、私が知っていたポイントでは見られなくなってしまいました。
新鮮な個体が撮影できて良かったですね。
Commented by otto-N at 2012-07-20 19:46 x
ダンダラさん、ウラジャノメのいる標高のあるところへ、この時期あまり行かないので、出会うことがあまりありませんでした。
偶然とはいえ、きちんと撮影できてよかったです。
Commented by midori at 2012-07-22 20:14 x
色彩は地味目ですが、ジャノメ模様が素敵です。はまってしまいそう...(*^_^*)!いつも、とても素敵な画に心癒されています。
Commented by otto-N at 2012-07-23 11:26 x
midoriさん、ジャノメもいいのですが、ジャノメ・ヒカゲの類の翅の開いたこの地味な色にはまりました。
普通種ばかりを一巡し少し飽きましたが、翅を開いたとき、縁毛までピンがきてるか気になり始めました。
<< 2012.7.20 横浜・ズー... 2012.7.10 恵比寿 ヤ... >>