たかがヤマト、されどヤマト

2012.7.25 長野県・湯の丸高原① ミヤマモンキチョウ    2012.7.27(記)

2012.7.25
ぐずついていた天気が良くなってきたので、山登りに出かけた。前泊した場所は、八ヶ岳山麓の原村だったが、湯の丸高原に寄り道した。本当は、烏帽子岳に登りたかったが、秋だったけれど一度登ったことがあるし、翌日の山登りに支障がでそうなので、池の平湿原でミヤマモンキチョウを撮ることにした。ここなら、木道を歩くだけでよい。それと、「散歩」のShinさんが、前日から湯の丸に来ているはずだ。湿原に着いたのは11時半ころ。IC付近は晴れていたが、登るにつれ曇り空、峠に着いたら薄曇り、標高約2000m。さすがに涼しかった。

湿原の一番奥まったところにミヤマモンキチョウの食草があるらしい。チョウはすぐ見つかった。あちこちに飛んでいる。しかし、遠い。木道の脇に来たものしか撮れない。最初のミヤマモンキ♀を撮ったところで、木道の向こうにShinさんを発見。話を伺うと「ミヤマモンキはもう飽きた。飛びもの狙い」だそうだ。確かに、翅は開かないし、オスは摺れたものがほとんどだ。とはいっても、木道の傍に来なければ手も足もだせない。

メスのほうが綺麗だと思う。縁毛のピンクが可愛い。しかし、吸蜜はこ名前不明のパッとしないこの花がほとんど。ハクサンフウロも咲いているが見向きもしない。アヤメにもとまるが撮りにくい位置ばかりだった。
a0181059_157199.jpg

a0181059_1575968.jpg
a0181059_1581413.jpg

オスは摺れたものが多かったが、捜すと綺麗なのもいる。でも、みんな同じポーズ。というか、縁毛を撮りたくて同じアングルになってしまった。
a0181059_15104590.jpg

a0181059_1512316.jpg

ときどき、メスに絡むオスがいるので、撮ってみると、オスはミヤマモンキチョウではなく、フツウのモンキチョウだった。モンキ♂は脚でミヤマモンキ♀を押さえつけ執拗に絡む。ミヤマモンキ♀は尻尾を立てて必死に交尾拒否の様子だった。
a0181059_15165880.jpg

これは、なかよく並んでアヤメで吸蜜しているオスとメス。
a0181059_1521595.jpg

最後にもう1回、オスとメス。
a0181059_15221760.jpg
a0181059_15223727.jpg


平日にもかかわらず、湿原の駐車場はほぼ満車。休日は峠の駐車場からシャトルバスだという。この日は、通行人も少ないので、安心して木道にザックとカメラを置いて撮影していたが、贅沢なことかもしれない。


(湯の丸高原②に続きます)


P.S.
パンダのふるさとの四川省・九寨溝で昨年撮ったミヤマモンキチョウの近縁種とおぼしきチョウ。もっとピンクで、表翅はオレンジらしく、飛んでいるときはオレンジに見えた。ミヤマモンキより大型で飛翔も速かった。
a0181059_2249481.jpg


by otto-N | 2012-07-27 15:48 | Comments(12)
Commented by ごま at 2012-07-27 19:20 x
そのパットしない花、ネバリノギランというらしいです。
それが一番好きらしいですね。
アヤメとミヤマモンキは素敵ですね。
Commented by ma23 at 2012-07-27 19:45 x
おっと、ミヤマモンキでましたね。ピンクの縁毛、ほんといいですよね。
そっか平日なら池の平まで車で行けるんですね。いつになるやら(笑)。
続きも楽しみです。
Commented by owlj at 2012-07-27 22:05 x
ミヤマモンキチョウ! 雌の地色が白なのが裏の薄黄色と相対して可憐な感じです。
翅縁、触覚、足に体毛までピンクなんて‥可愛らしいですね。
仲良く並んでいると表翅の黒い縁毛が綺麗です!
ピンク‥ナンか不思議です。
Commented by otto-N at 2012-07-27 22:54 x
ごまさん、名前ありがとうございます。もっときれいな花にとまって欲しかったです。
アヤメも蜜を吸っていましたが、蜜ではなく花弁の汁を吸っている場合もあるようです。
Commented by otto-N at 2012-07-27 22:59 x
ma23さん、おっとっとっと、中国ではもっとピンクなのもいましたよ。表はオレンジ。それで、ミヤマモンキをぜひ見たくなったわけです。追加で張っておきます。
平日出動の欠点は、ブログのみなさんに会うことがほとんどないことです。
Commented by otto-N at 2012-07-27 23:04 x
owljさん、ミヤマモンキチョウもフツーのモンキチョウも大差がないと思っていました。
実際見てみると、ピンクが強い感じで、やはり、一味違いますね。
オスは少し摺れたものばかりでした。
Commented by ダンダラ at 2012-07-28 09:22 x
出かけられたのですね。
アヤメに来るミヤマモンキきれいですね。
湿原はあまり撮影しやすくなかったので、一度行ったきりでその後はご無沙汰していますが、ミヤマモンキをきれいに撮影されていますね。
平日は車で行けるのですね。知りませんでした。
Commented by otto-N at 2012-07-28 21:07 x
ダンダラさん、アヤメの吸蜜は予想してませんでした。しかし、頭が潜ってしまい撮りにくかったです。
木道という制限がありますが、近くに来る個体も多いので思ったより撮影はできました。
地蔵峠からは舗装されてますが、高峰温泉からはオフロードのようです。
Commented by himeoo27 at 2012-07-29 21:16
湿原のミヤマモンキチョウもなかなか良さそうですね!
来年は一度出かけてみたいです。
Commented by midori at 2012-07-30 07:36 x
ミヤマモンキ満喫おめでとうございます。アヤメでのオスメス吸蜜シーンいいですね。ネバリノギランが大好きなようで、去年同じ花の吸蜜シーンばかりになりました。でも、蝶がきれいだから大満足でした(*^^*)。
Commented by otto-N at 2012-07-30 15:53 x
himeooさん、山に登らなくてもいいので楽ちんです。
ただ、すぐ近くの山に一緒にいる白いのが、ここにはいないようです。
ちょっと頑張って行くべきでした。
Commented by otto-N at 2012-07-30 15:59 x
midoriさん、ありがとうございます。
アヤメでのオスメス、最初は絡んでいたのですが、途中で止め食欲に走ったようです。
オスとメスが並んでおとなしく吸蜜はあまり見ないような気がします。
<< 2012.7.25 長野県・湯... 2012.7.24 恵比寿 ヤ... >>