たかがヤマト、されどヤマト

2012.8.20-31 白金の森 (6)オナガアゲハ    2012.9.10(記)

2012.8.20-31
昨年はオナガアゲハが多かったが、今年は1度も見ていなかった。もう出て来ないと思っていたけれど、1頭だけこのクサギの花にやってきた。

(6)オナガアゲハ
まるでボロボロのクロアゲハだと思っていたら、どうやらオナガアゲハのオスだった。20日に現れ、21日にも来たが、それ以後見なかった。今年初めての個体。
a0181059_15123596.jpg

ボロでなければと思うアングルなんだけれど・・・
a0181059_15125047.jpg

クサギの花にアオスジアゲハが来てもすぐ行ってしまう。どうやらアオスジアゲハにとってはこの蜜はまずいらしい。ナミアゲハも一応吸蜜するが、長続きはしない。シャッターを押す前に行ってしまう。毎日のように見たのはヤマトシジミ。やっと撮影できた。ストローを伸ばしているが、どうやら吸蜜ではないらしい。花びらの表面を吸っていた。
a0181059_15182423.jpg

このクサギの木から少し離れたところにタブノキがあり、時おりアオスジアゲハがやって来ていた。産卵のようだが、産卵は瞬間的でなかなか撮れなかった。産卵ということは、若葉に産み付けられた卵が写っていたことから、やっと納得できた。
a0181059_15233395.jpg

写っている卵は5個かなぁ。(クリックすると大きくなります)
a0181059_1524598.jpg

頭上のヤブカラシで吸蜜するアオスジアゲハ。
a0181059_15254860.jpg

近くの公園でのアカボシゴマダラ。光に透けた赤紋はちょっといい感じ。
a0181059_1527367.jpg

この期間はあまりにも暑かった。路上で吸水するルリシジミとウラギンシジミ。(ウラギンシジミは白線の上には水がないはずだが)。ちびたカタバミで産卵後休んでいるヤマトシジミ。最後のヤマトシジミは少し斑紋異常。
a0181059_152837100.jpg


というわけで、この暑い中、11日間、1本のクサギの木の元に通いました。アゲハたちがやって来る時間は決まっておらず、来ないときはパタッと来ない、来るときは一斉に来るような感じでした。木陰に待機し、アゲハが来たら、日向に出て撮影していたけれど、いささか飽きました。この間、東京では雨が1滴も降らず、まさに灼熱地獄、東京砂漠です。

by otto-N | 2012-09-10 15:39 | Comments(2)
Commented by owlj at 2012-09-10 20:44 x
アオスジアゲハは間違えないで名前が一致する蝶で親しめます。
スポットライトの中のアカボシゴマダラは傑作ですね!
赤紋が凄く綺麗です。 毎日頑張られましたね。
その成果は十分に楽しませて頂きました。
Commented by otto-N at 2012-09-11 19:37 x
owljさん、アオスジアゲハは、逆光気味で撮るのが好きです。
アカボシゴマダラも逆光です。何かと問題が多いチョウですが。
さすがに追いかけることはありませんが、そばに来ると撮りたくなります。
元気のある花は上のほうにしかなくなり、昨日でクサギの木へ通うことを止めました。
<< 2012.9.5 東京・多摩川... 2012.8.20-31 白金... >>