たかがヤマト、されどヤマト

2012.9.19 東京・恵比寿 ヤマトシジミ    2012.9.25(記)

2012.9.19
明け方に雨があがり、曇っていた空も晴れてきそうな気配。もし、薄日が射したらヤマトシジミは翅を開くはず、というわけで、近くのヤマトシジミのたまり場に出向いた。

草にはまだ水滴がついている状態の中、空が明るくなってきた。いきなり、全開のオスを見つけ撮影。メスもどこからか飛んできて、翅を拡げた。久しぶりの全開だった。
a0181059_19245864.jpg

メスは真っ黒かと思ったら、青い鱗粉を少し振りまかれていた。オスは、縁毛まで新鮮な個体は少なかった。
a0181059_19251545.jpg

花の名前は忘れてしまったが、ここでは少しピンクがかったこの小さな花が好きなようだった。比較的吸蜜時間は長い。
a0181059_19253588.jpg

この花はほとんど地べたの花。横から撮るのはかなり苦しい。下のメスは上とは違う個体。なかなかピカピカのメスは見つからなかった。
a0181059_19255452.jpg

ずいぶん暗い感じのオスだなぁと思っていたら、ツバメシジミだった。ここではまるで少数派。
a0181059_19261225.jpg


晴れた日ばかり続いていたのでヤマトシジミの開翅を撮ることができずにいた。やっと暑い夏が終わった。と思ったら、オスはスレばかり。綺麗な個体を捜すのに苦労した。あれだけ飛び回っているのだから、縁毛もすぐ脱落するのは当たり前かもしれない。メスは、オスに較べ、飛び回らないので撮影は楽といえば楽。しかし、産卵のためか、すぐ茂みに潜ってしまい、草の間から出てくるのを辛抱強く何度も待たねばならなかった。

by otto-N | 2012-09-25 19:51 | Comments(6)
Commented by Shin at 2012-09-25 20:10 x
教育園ではツバメの方がマジョリティです
カタバミが少ないもんなぁ
Commented by owlj at 2012-09-25 21:25 x
久し振りのヤマトシジミですねー
まだ濡れている草とのショットは雨上がりの爽やかさを感じます。
ツバメシジミの二枚 とても綺麗で空気が澄んでますね!
Commented by 虫林 at 2012-09-26 06:30 x
ヤマトの♂♀をあらためて見ると、とても綺麗です。
雨上がりのしっとりと空気感が写真に現れていていいですね。
Commented by otto-N at 2012-09-26 20:53 x
Shinさん、教育園ではカタバミは雑草として駆除されている気がします。
近くの公園では根こそぎです。
残してくれたら、黄色い花が年中見られるし、土の地肌を見なくていいのにとつい思ってしまいます。
Commented by otto-N at 2012-09-26 20:58 x
owljさん、天気が良すぎると飛び回ってばかりいるので、撮影の機会がありませんでした。
どん曇りでは出てきませんが、曇りから少し空が明るくなった時が、ヤマトシジミのねらい目です。
ツバメは少し翅が傷んでいたので、ちょっとだけ撮りましたが、ヤマトのブルーとは明らかにちがいますね。
Commented by otto-N at 2012-09-26 21:09 x
虫林さん、ありがとうございます。
普通種中の普通種なのですが、近くにはこれくらいしかいません。
簡単に撮れるだろうと思ってましたが、それがどうしてどうしてムズカシイ。
しかし、ちゃんと撮れるとそれなりに綺麗だし、すぐ1時間はすぎてしまいます。
(今日、シルビアを撮ってきました。ヤマトより、小さくてすばしっこくて、難しいですね)
<< 2012.9.21-24 東京... 2012.9.12-13 山梨... >>