たかがヤマト、されどヤマト

2012.10.22 東京・恵比寿 ヤマトシジミ    2012.10.23(記)

2012.10.22
薄く晴れ。自然教育園は月曜休みなので、ヤマトシジミに専念する。少し晴れているくらいが一番いい。

カタバミが咲き始めると、ヤマトシジミが集まってくる。今日のメスの1頭目は、部分的に日の当たったカタバミでの吸蜜だった。早い時間だと、と言っても10時ころは、体を温めるためか翅を開く。4コマ目は左手で影を作って撮影した。日が当たらないほうが、青鱗粉が綺麗だ。
a0181059_162442.jpg

あちらこちらで良く開いてくれた。
a0181059_16274410.jpg

この個体は、準スーパーブルーといってもいいほど、青い部分が広い。4コマ目、せっかく全部開いてくれたのだが、草の影の中。
a0181059_16284362.jpg
a0181059_16343948.jpg

いなくなっても、次々と青♀は見つかった。狭い場所なので、また舞い戻ってきた個体もあるとは思うけれど、とにかく、青♀のラッシュだった。
a0181059_16285795.jpg

日差しが強くなったせいか、半開きしかしなくなったが、アングルによって濃いブルーが輝く。
a0181059_16291486.jpg

おおーっ、すごい青だと思って追いかけたら、とても小さいムラサキシジミだった。日陰で撮影したがヤマトのオスは、やはり日向がいいかな。
a0181059_17425363.jpg

周りを掃除しておいたのに、カタバミの花が固まって咲いている場所にはなかなか来てくれなかったが、やっと撮れた。
a0181059_17335922.jpg

後ろにまわりこんだとき、一瞬、日が雲に隠れた。日差しは邪魔かもしれない。
a0181059_17182019.jpg

しかし、日差しがないと翅を開いてくれない。一瞬、影を作り撮影した。が、多くの場合、このとき逃げられる。
a0181059_17502263.jpg


青さの程度はさまざまだったが、次から次へと撮影した。同時に現れて、どっちにするか迷う場合もあった。スーパーブルーは出て来なかったけれど、このままのペースで撮り続けたら、似たような絵ばかりのヤマトシジミ、チョウはともかく(と思っているが)、背景に難あり、ちょっと恐ろしくなった。

by otto-N | 2012-10-23 17:09 | Comments(4)
Commented by owlj at 2012-10-23 20:54 x
カタバミが咲いて ブルーの奥行きが増す季節ですね!
雄がシンプルに観えるほどのスーパーブルー愉しみです
急に寒くなりました。 長い足の膝お大事に!
Commented by kenken at 2012-10-24 19:58 x
さらに青さが増した♀ですね。
ヤマトは影でも開きます。なかには日影にすると閉じる種もいます。
やはり日影のほうが色表現がよろしいなぁ~
またしても良いものを見せていただきました。
「とことんヤマト」えぇもんです。
Commented by otto-N at 2012-10-24 20:18 x
owljさん、ここのカタバミ、実はしょぼいのです。撮影のときも踏まぬよう細心の注意です。どっかから移植しようか、なんてことも考えてます。
スーパーブルーは、ほんとに出てくるでしょうか?心配になりました。
膝は今のところ大丈夫です。気遣いありがとさんです。
Commented by otto-N at 2012-10-24 20:52 x
kenkenさん、ヤマトは影でも開きますが、気温と日差しの強さに影響されている感じがします。
オスは日向、メスは日影。九州のさる方の「風よけ傘」ならぬ、「日よけ傘」を試してみましたが、翅を閉じてみごと逃げられました。
こうなったら、「とことんヤマト」に徹しますか!!おっしゃっていただいて、元気がでました。
(ヤマトも、ボロほど翅を開きますね)
<< 2012.10.12-24 白... 2012.10.20 東京都・... >>