たかがヤマト、されどヤマト

2012.11.1 東京・恵比寿 ヤマトシジミ    2012.11.4(記)

2012.11.1
朝一番で区の健康診断に出かけ、遅い朝食というか早い昼食をとった後、天気が良すぎてヤマトシジミは綺麗に撮れないだろうなと思いつつ、性懲りなく、ちょっと見に行った。

早速、メスを見つけたが、日向で開翅。新鮮と思われ、ピントを合わせると油光りというか、とても複雑な色に撮れる。晴れている日は、日陰にすると翅を閉じ飛ばれてしまうが、飛ばれる前になんとか撮ることができた。
a0181059_19363974.jpg

これも同様、わざと日陰にして、飛ばれる寸前の撮影。たいていピントが合わなくなる。
a0181059_19372882.jpg

日向での開翅を撮っていたら、突然180度以上に開いた。その瞬間、手前の翅は油光り幻光、向こうの翅は、ミドリシジミ(♀)のB型かと錯覚を起こすほど青く光った。
a0181059_19375625.jpg

ヤマトの青♀も、日の光をいっぱい浴びた状態では、青くはない。綺麗かどうかは別にして(綺麗ではない)、複雑な色に写る。下は、ちょっと茂みの奥で産卵の途中で全開しているところ。
a0181059_1938710.jpg

この日に撮った別個体たち。日陰にしたほうがいい。2コマ目、交尾中のボロのほうが茶色いのでメスかもしれない。あとから気がついた。
a0181059_19382485.jpg

オスはスレ個体ばかりが目立ったが、新鮮なものは、前翅の黒帯の内側もだいぶ白くなってきたようだ。
a0181059_19384057.jpg


晴れの日は、ヤマト青♀は綺麗に撮れない。そこで、わざと日陰にして撮影してみた。すぐ、飛ばれるのでアングルを選べないし、ピントも合わなくなる。ほとんど飛ばれてばかりの失敗だった。ただ、日差しが強くてもアングルによっては、青く光る場合があるので、工夫すべき点があるようだ。「スーパーブルー」はもう出て来なくなってしまった。一斉に発生したか、草刈りの影響でこのポイントから逃げ出してしまったのか、このままでは「とことんヤマト」は終われない。

by otto-N | 2012-11-04 20:23 | Comments(4)
Commented by H.A. at 2012-11-05 12:50 x
いい色ですね、青♀。
なるほど、陽が当たるより陰のほうが青がよくわかりますね。
私も青♀撮りましたが、確かに日の下では白っぽく綺麗な青がうまく出ません。
参考にさせていただきます。
Commented by otto-N at 2012-11-05 20:23 x
H.A.さん、ヤマトシジミの青♀は、光の当たり具合で、まるで別種なくらい写りが違うようです。
そして、青の面積だけで綺麗さは決まらないし、なかなか背景のいいところに止まらないので苦労しますね。
Commented by owlj at 2012-11-05 21:44 x
エビ剃り開翅あり‥日向輝きありで,色々ですね。
複雑過ぎて本来の綺麗さが日射しで失われるのは残念です。
雄の単純な青が良いですね!
Commented by otto-N at 2012-11-06 11:14 x
owljさん、上から3つ目の右、風のせいでこうなったと思うんですが、180度以上に開いたのは初めて見ました。
油で光っているような虹色幻光は、ピントが合っていない時の方がよく出ますが、ピントが合っているときはどうなるかが今回のテーマでした。
<< 2012.11.2 白金の森 ... 2012.10.31 白金の森... >>