たかがヤマト、されどヤマト

2012.12.7-25 東京・恵比寿 ヤマトシジミ    2012.12.28(記)

2012.12.7-25
12月に入ってから、近くの日だまりにいるヤマトシジミは日に日に減っていった。どうやら、寒い日が2日続くとガクッと減るようだ。ヤマトシジミは、カタバミの花が開く時間に同調するように、どこからともなく飛び出して来ていたが、とっくに花が咲いているのにもかかわらず飛んでこず、11時をすぎてやっと出てきてくれた。

2012.12.7
この日、見たのはオスの2頭だけ。1頭は右前翅の先が欠け、もう1頭は右後ろ翅が少し壊れていた。しかし、日だまりの中を元気に飛び回っていた。
a0181059_19403691.jpg

2012.12.12
少し寒い日が続いた後、どうなったか見に行ってみると、1頭しか現れなかった。右後翅が壊れていたほうだ。
a0181059_19442215.jpg

2012.12.14
この日も、2日前と同じ1頭だけ。2時間待っても、他は来なかった。
a0181059_1945355.jpg

2012.12.16
とても暖かく最高気温が18℃くらいまで上がった。行ったときはいなかったが、ロベリアの植え込みの向こうから、おなじみの1頭がふらふらと飛んできた。まず、日だまりで翅を拡げて暖をとり、その後、少し咲いているカタバミで吸蜜した。
a0181059_19502990.jpg

2012.12.25
寒い日が多く、しばらく来ることができなかったが、晴れて少し暖かったので来てみた。しかし、ムラサキシジミを捜しながら、2時間待ったが現れなかった。カタバミの花は咲いていたけれど。
a0181059_19553561.jpg


昨年は、この場所でヤマトシジミを最後に見たのは12月31日だった。今年は寒い日が続いたせいか、12月16日がヤマトシジミの最後となってしまった。撮影できた日以外にも念のため見に行っていたが、日射しが弱いとさすが現れなかった。結局、1頭のオスだけに会いにいった形になり、日だまりにいると愛しさを覚えるほど。もう来ないのかなと思った16日は、格別に嬉しかった。

by otto-N | 2012-12-28 20:38 | Comments(4)
Commented by himeoo27 at 2012-12-29 17:44
最後まで生き残ってくれたヤマトシジミ♂に対して
愛おしさを感じました。早く暖かくなって欲しいな!
Commented by otto-N at 2012-12-30 09:42 x
himeooさん、翅の壊れ方から、ずうーっと同じ個体を見に行っていたことになります。
16日、行ったときにはいなかったのですが、飛んできたときはホントに嬉しくなりました。情が移りますね。
ヒメオオさん、今年もたくさんのコメントありがとうございました。
短くてピシャリのコメント、元気がでました。
Commented by owlj at 2012-12-30 16:05 x
寒さに耐えて遇いに来てくれてたのかな?
冬は観察する方が大変ですよね。
春が早く来るといいですねー!
Commented by otto-N at 2012-12-30 21:07 x
owljさん、やっと飛んで来てくれました。
最初は元気がなかったようですが、一度、大きく翅を拡げ体を温めてからは元気になりました。
これから、しばらくチョウの姿はないでしょうが、休む期間も必要です。3月はすぐですよ。
いつも、コメントありがとうございました。来年は、もう少し変わり映えのある写真を撮りたいです。
<< 2012.12.26-27 東... 2012.12.13 千葉県・... >>