たかがヤマト、されどヤマト

遡ります! 2010.3.6-20 シャモニー・ツェルマット (5)   2013.1.14(記)

2010.3.13 シャモニーからツェルマットへ
8日目。シャモニーからスイスのツェルマットまで、電車で移動。切符は旅行社が手配してくれており、それにしたがって乗り継ぐだけだったけれど、電車の遅延があったりしないか、少し不安だった。
行程は、次の通り。シャモニー10:16発→(登山電車)→ヴァルロシン着10:53、10:59発→(登山電車)→マルティニー着11:55、12:08発→(列車)→ヴィスプ着12:52、13:10発→(登山電車)→ツェルマット着14:14。

シャモニー最後の日は、いい天気だった。2コマ目、ホテルの窓からのエギューユ・ディ・ミディとモンブラン。4コマ目、シャモニー駅からのモンブラン。
a0181059_1571271.jpg

シャモニーからマルティニー間の登山電車からの眺めは素晴らしかった。山の間をくねくねとゆっくりと走り、時おり雪を抱く山が現れる。そのたびにここにもスキー場があるのだろうと思いながら眺めていた。マルティニーとヴィスプの間は、普通の特急電車。まわりは葡萄畑ばかりだったような気がする。
a0181059_15554252.jpg

ヴィスプは、ツエルマットへの登山電車の出発点。すぐ渓谷に入りブドウの段々畑が続いていたが、山々がだんだん険しくなり、凍りりついた世界に入り雪と岩の山が見えたと思ったら、そこはツエルマットだった。駅の標高は1620mと記載されていた。街にはほとんど雪はない。4コマ目、マッターホルンのファーストショット。
a0181059_1556810.jpg

ホテルは駅から少し離れたところにある「ホリデー」。チェックイン後、すぐ街に繰り出した。街は普通といえば普通。谷底の街だ。ただ自動車はすべて電気自動車。旧市街があり、木造の家やネズミ返しのある倉庫が保存されていた。今でも人が住んでいる高級住宅街だ。そして黒猫が1匹。
a0181059_1557416.jpg

ホテルは、マッターホルン・ビューの部屋をたのんでおいた。この写真は、チェックイン直後、夕方、日没後のマッターホルン。
a0181059_15571994.jpg


(シャモニー・ツェルマット (6)に続きます)


P.S.
今日、東京では大雪。近くに、この雪では車は登れないだろうという急坂があり、古いスキー板で初滑りをし、シュプールを撮ってアップしようかと思っていましたが、tsuma-Nにたしなめられました。もう少し積もっていたら、実行したところですが、道交違反かな?

by otto-N | 2013-01-14 15:55 | Comments(2)
Commented by himeoo27 at 2013-01-14 17:44
憧れの「マッターホルン」日没後の姿
味わい深いですね!
Commented by otto-N at 2013-01-14 20:12 x
himeooさん、マッターホルンは憧れでした。山もですが、夏はアポロですね。
子供時代、アポロの標本を見て憧れていました。ツェルマットには、スキーはもういいから、夏のトレッキングに行きたいです。
<< 遡ります! 2010.3.6-... 遡ります! 2010.3.6-... >>