たかがヤマト、されどヤマト

遡ります! 2010.3.6-20 シャモニー・ツェルマット (11)   2013.1.24(記)

2010.3.19
ツエルマットでのスキー、最後の日もフリー。チェルビニアに行く手もあったけれど、やっぱり、シュトックホルンがいい。

前日の夕方は、薄い雲が拡がっていたので心配したけれど、朝からきれいに晴れ上がりすばらしい天気だった。
a0181059_130102.jpg

ブラウヘルトまで上がり、対岸をの絶景を見渡す。
a0181059_1333397.jpg

もう1本上がり、谷底のガントを目指す。このコースは正面がマッターホルン。
a0181059_134395.jpg

ガントから高い鉄塔のあるロープウェイでホーテリまで行き、直下のコブ斜面を1本。黄色いポールは岩の出ているところ。
a0181059_1311745.jpg

再びホーテリまで上り、ゴルナー氷河と凍りついた山々を写真に収めた。
a0181059_1353965.jpg

そして、ロテ・ナセへ。モンテローザが大迫力だった。すぐにシュトックホルンに向かわずに、直下の一枚バーンを滑る。広すぎて斜度を感じないが、下のほうは見えないほど急。まだ、コブができていなかったが、入り口にロープが張ってあったので、おそらく自己責任滑走斜面。氷河の上だ。ヒドンクレバスがあるかもしれないので、少し恐ろしい。何本か滑った後、前日さんざん滑ったシュトックホルンのTバー斜面に行く。
a0181059_1351691.jpg

ランチは、やっぱりフルハルプのテラス席。ビールがうまかった。とても暖かい。山々も最高!いつまでもここにいたかったが、この日が最後。またガントまで降りる。
a0181059_133259.jpg

ロープウェイを待っていたら、チョウが日向ぼっこをしていた。日本のとちょっと模様が違うが、コヒオドシだった。ランチの最中、頭上をかすめて飛んでいくチョウらしきものを何回か見たが、どうやら正体はコヒオドシだったらしい。残念ながら、コンデジのテレ端・トリミング。
a0181059_1358766.jpg

ラスト・ランは、ホーテリ直下の1000m。そこからブラウヘルトへ上り、スネガを経てホテルに帰ってきた。
a0181059_1402837.jpg

レンタルのスキーを返す前に名残惜しく最後の撮影。この素晴らしいシュトックリの板を買いたかったが、13万円。諦めた。この日の最後のマッターホルン。三日月が出ていた。
a0181059_1404836.jpg


(シャモニー・ツェルマット (12)に続きます)


P.S.
1.雪質について
日本の雪に較べ乾いているのは当然としても、日の当たる斜面でも日中は溶けず固いアイスバーン。ビックリしたのは、ホテーリ直下の上部のコブの南斜面。コブかと思ったが、コブの形をしたサクサクの雪でスキーのトップが埋まる。コブがそのまま凍結乾燥状態になったようだった。さすがに、下の谷間の南斜面では、雪が弛んで固まったコブだったが。また、風の当たる北斜面はさすがにカリカリだった。ツェルマットは緩斜面が多いが、場所によっては雪が風に飛ばされるようで、人工降雪機(写真中、オレンジ色のカバー)が並んでいた。
2.スキー板について
シャモニーでは、山岳スキーヤーが多いと思われ、多くはセミファットの板だった。一方、ツェルマットではほとんどカービング板。コースはしっかりグルーミングされていて快適。シュトックホルンは、看板にもあったように降雪後そのままの状態のようだった。この斜面、性能の良すぎるカービング板では、私の技術ではちょっときつかった。で、「キャンバー・ロッカー」板ではどうなっただろうかというのが、興味あるところ。ヨーロッパのスキー場は、下が岩なので、意外なところでガツンとくる。雪が飛ばされて石が出ている所も多い。昔、新品の板を持っていってエッジが鋸になったことがある。そのこともありレンタルスキーにしたけれど、いい板があります。気にいらなければ、途中で換えてくれます。
3.Tバーについて
急斜面でのTバーは多い。積雪量が大きく変化するらしく、しかたがないところ。トレースから脱落しないように、注意が必要。脱落したら悲惨だし、あまり長いと腕が痺れ大変。そういうときは、降りたあと腕を思いっきりぐるぐる回すといいです。

(滑っている写真は、tsuma-Nばかりでotto-Nの滑っているところがないけれど、万が一のときの救助のために、私は後から滑ることを原則としています。その結果、斜面の上から撮った写真ばかりで、恐縮です。tsuma-Nはカービングで滑っていないけれど、斜面だけを撮った写真では気分が出ないので載せました)

by otto-N | 2013-01-24 14:32 | Comments(6)
Commented by owlj at 2013-01-25 17:10 x
マッターホルンに向かって滑るなんて!どれほど気持ちが良い事でしょうね!!
氷河の上とか岩の上とかドキドキハラハラ‥愉しいというか。
天気が素晴らしく夜のマッターホルンと三日月はナイスショット!
Commented by naoggio at 2013-01-26 10:44 x
マッターホルンに向かって滑る奥様、カッコユ〜 !
なんという美しい斜面 !  素晴らしいですね。
下から2段目の組み写真の右上の逆光、いいな〜。
フルハルプの山小屋2616mですよね。3月とは言えコヒオドシのおまけもすごいですね。
小屋で越冬中だったのでしょう。やっぱり寒さに強いですね。
Commented by otto-N at 2013-01-26 17:38 x
owljさん、マッターホルンに向かって滑るコースはいくつかありますが、ここは山の格好がとてもいいピカイチの緩斜面コースでした。
氷河の上は、雪の下がぽっかり空いていることもあるそうで、少しは心配しながらの滑りです。
毎日天気が良く、最後には月も出てきてくれました。肩のところに山小屋の灯りも見えます。
Commented by otto-N at 2013-01-26 17:49 x
naoggioさん、過分なお言葉、恐縮です。実際は、私の撮り方がいいだけです(嘘です)。が、その昔、兎平と黒菱を交互に滑り、リフトで休めと言って滑っていたこともあります。
マッターホルンの写真ばかりになってしまいましたが、富士山が好きなので、しかたがないかなぁと思っています。
コヒオドシは3月とはいえ、まだ、雪の中、ビックリしました。まだ、この頃は、チョウ写真を撮り始める前なので、いい加減に撮ったのが残念でした。
Commented by himeoo27 at 2013-01-27 19:20
少し遠いですが、鮮やかな翅のコヒオドシ素敵ですね!
今年は何とか綺麗に撮りたいものです。
Commented by otto-N at 2013-01-27 21:42 x
himeooさん、このコヒオドシ、遠かったのでトリミングで大きくできませんが、斑紋の赤部分が多く、コヒオドシとヒオドシの中間くらいの模様です。
ちょうど、ロープウェイの発着場だったので、箱が来たとき飛んでいってしまいました。
<< 遡ります! 2010.3.6-... 遡ります! 2010.3.6-... >>