たかがヤマト、されどヤマト

もう少し遡り! 2009.5.16-5.23 ギリシャ (4)   2013.2.21(記)

2009.5.21 アテネ (アクロポリス)
前日、アテネ行きの最終便になったのは、乗客が少ないための間引きのようだった。幸い、便変更の連絡があったらしく、出迎えの車に乗ることができほっとする。途中、ライトアップされたパルテノン神殿が見えた。

翌朝、およその見当をつけてパルテノン神殿を目指す。遠くからは神殿のある丘が見えたけれど、近づくにつれビルの陰で迷子になる。坂道を登ると丘に出るはずと思っていても、道が入り組んでいるので、なかなか近づけなかったが、やっと入り口を見つけた。人がいないと思ったが、どうやら裏口の1つだったらしい。登り切ったと思ったら、すごい人ごみ。階段を上り、パルテノン神殿に近づく。大きい。近づきすぎると、1枚には収まらない。修復工事中であったが、たぶん修復工事は永遠に続くのだろう。クレーンもパルテノンの一部だ。遠くに海が見え、エレクテイオン神殿の少女像が美しい。
a0181059_12483111.jpg

パルテノン神殿。当時は、屋根があり極彩色に塗られていたらしい。
a0181059_138465.jpg

近づきすぎるとこの通り。これも裏側なので人がいない。
a0181059_1382168.jpg

神殿からはアテネの街が一望できる。だだっ広いところの奥に神殿がある。左は、エレクティオン神殿。
a0181059_13112062.jpg

アテネの街は果てしなく続く。建物がぎっしり。過密都市だった。
a0181059_1310959.jpg

イロド・アティコス音楽堂というらしい。まだ現役。オペラ、コンサート、演劇に使われている。この日もその準備らしかった。
a0181059_13211091.jpg

丘の麓には、遺跡が点在。この後、1つずつ訪ねた。3コマ目、この人の多いほうが神殿の正面。
a0181059_1374179.jpg

とりあえず、丘の下の円形劇場に降りてみる。石垣の上に神殿がそびえていた。劇場の大理石の椅子。
a0181059_13242360.jpg

あちこちにあるローマ劇場の原型らしい。ディオニソス劇場と名称であることを後で知った。
a0181059_13245050.jpg

丘の麓に咲いていた灌木の花たち。乾燥に強いようだ。
a0181059_13374322.jpg

道路を渡って、柱だけが残るゼウス神殿に行く。そして、昼食。このトマト詰はなかなかよかった。
a0181059_13403068.jpg

昼食後は、神殿の向こう側の麓に行く。古代アゴラ。アゴラとは広場の意味とのこと。テッシオン(ヘーファイトス神殿)を中心に、ギリシャ文明の遺物が点在している。
a0181059_13451276.jpg

博物館があり、像や土器や諸々の物が陳列されていた。2重になった柱列が美しい。新アクロポリス博物館というのが、2009年6月21日にオープンしている。どうやら旧アクロポリス博物館、最後の月だったらしい。
a0181059_1346247.jpg

古代アゴラで見つけたチョウ。チョウセンシロチョウ?とヒメアカタテハ。5月半ばというのに、ほんと、チョウがいなかった。
a0181059_13453256.jpg

風の神の塔。八角形の塔に彫られたレリーフがすばらしい。遺跡には猫が良く似合う。
a0181059_13464289.jpg

街をうろつき回っていたら、レストラン街に出た。ここで夕食。テーブルを道路に並べ、メニューを持って呼び込みに忙しい。この人は優秀。確率50%で呼び込みに成功。我々もこの人に落とされたのであるが。そして、日も落ち、夕暮れの中を道に迷いながらホテルに帰る。
a0181059_13471777.jpg

せっかくのアテネだというのに、ガイドブックなしの出たとこ勝負。しかし、土産もムリして買う必要もないし、ふらふら歩きまわるのはとても楽しい。道に迷わないよう、少し行っては戻り、今度は別の方向と、すこしずつ歩く範囲を広げる。それでも迷ってしまうが、目的がないからこそ楽しいのかもしれない。

by otto-N | 2013-02-21 13:01 | Comments(4)
Commented by owlj at 2013-02-23 14:22 x
アテネ市街のギッシリ振りには驚きますね。
パルテノン神殿の周りも!
石の音楽堂は素晴らしいですね。
チョウセンシロチョウは裏翅がとても素敵なグリーンで可憐ですね。
遺跡毎に個性的な猫が居て‥  愉しいです。
Commented by himeoo27 at 2013-02-23 17:45
チョウセンシロチョウ?は、クモマツマキチョウ♀に近似した
裏翅の模様が良いですね!
Commented by otto-N at 2013-02-23 18:28 x
owljさん、パルテノン神殿のある丘に登って、ビックリしたのは神殿よりも都市の過密度でした。
東京ほど果てしなくは続いてはいないと思いますが・・・
このチョウの翅裏はツマキチョウみたいです。というか、翅の先が鉤形に尖がっていないメスのツマキチョウのという感じです。
ローマのコロッセオもそうですが、遺跡には猫が良く似合います。犬だと様にはなりませんね。
Commented by otto-N at 2013-02-23 19:35 x
himeooさん、チョウセンシロチョウは、2011年に中国・四川省の九寨溝へ行ったときも撮っています。
この時は、もう少し標高の高いところで、クモマツマキチョウを何度も見ており、やった!クモツキのメスだと一瞬ぬか喜びした覚えがあります。
<< もう少し遡り! 2009.5.... もう少し遡り! 2009.5.... >>