たかがヤマト、されどヤマト

まだ遡り! 2008.4.24~5.3 モロッコ (2)   2013.3.4(記)

2008.4.26 マラケシュ
朝一番に行った所は、1920年代にフランスのアール・デコの画家J.マジョレルが造園し、今はイヴ・サンローランが経営しているマジョレル庭園。近いのでホテルから歩いていった。園内にはサボテンを主として植えられていたが、このブルーは脅威的だった。影までもブルー。
a0181059_10756.jpg

そう広くはない園内にあるこの小さな建物、イスラム美術館。この配色は何!という感じ。
a0181059_1072454.jpg

マジョレル庭園は人気があるらしく朝から人が多くて、なかなか無人という写真は撮れなかった。とにかく、このブルーは鮮烈だった。
a0181059_1074433.jpg

王宮の近くにあるアグノウ門。アーチの周りの模様が美しい。
a0181059_1023953.jpg

サアード朝の墳墓群。アグノウ門のすぐ近く。内部は少し陰気だが装飾が素晴らしい。コウノトリが多く、少し高い所にはたいてい巣があった。
a0181059_10262679.jpg

バイア宮殿の中庭。とにかく絢爛豪華なシンメトリー。
a0181059_10321097.jpg

宮殿の内部。壁、柱、天井とすべて細かな装飾。
a0181059_10305154.jpg
a0181059_1031531.jpg

宮殿もいいけれど、楽しいのは宮殿の周り。メディナ(旧市街)はうろつき回るだけで面白い。ほんとに異文化の地に来たのを実感する。
a0181059_10423690.jpg

メインストリートを外れると、こんな赤壁の迷路が続く。
a0181059_11472445.jpg

歩きくたびれたのでフナ広場に出て、一番見晴しのいい屋上のカフェを探した。フナ広場のカフェにはどこもビールはない。残念。
a0181059_10564446.jpg

前の日は見つからなかったが、名物の水売り男が現れた。最初1人だったが、あちこちに現れ客を捜す。なかなか客はつかまらず、相談しあって客を捜す動きを追はちょっと滑稽だった。眼下では相変わらずの喧騒。
a0181059_110134.jpg

いつの間に、広場に灯りがつき始めた。スークの中をちょっと覗いてみたい気がしたが、1日歩き回っていたので、さすがにくたびれ、ホテルに帰った。
a0181059_114292.jpg

マラケシュの街、全部がこんな古い街ではない。新市街は普通の近代都市。馬車も車と一緒に走ってはいたが・・・。泊まったのは小さくて古そうだったが、小さなプールもあり、窓からジャカランタの花も見えた。ちゃんと昼食時はビールも飲めた。夕食はまたもやタジン料理だったが、ワインは赤もあった。
a0181059_1163458.jpg


モロッコ (3)に続きます。

by otto-N | 2013-03-04 11:26 | Comments(2)
Commented by owlj at 2013-03-04 14:03 x
要手術‥ 病気と違って怪我は必ず治ります。
自宅で悪化させない様に養生してくださいね。
マジョレル庭園! なんて青なんでしょう!! 吸い込まれそうです。花達も可憐で綺麗ですね。
旅先には信じられない感動がありますね!
Commented by otto-N at 2013-03-05 11:09 x
owljさん、数年前にスキーで痛めた箇所なので、今回やる前の状態に戻るかもしれないので少し様子をみます。
この庭園というか建物のブルーは、日本人にはない感覚です。サンローランが考えたとしたら、さすがと言わざるをえませんね。
<< まだ遡り! 2008.4.24... まだ遡り! 2008.4.24... >>