たかがヤマト、されどヤマト

2013.3.28 東京・目黒区 モンキチョウ   2013.3.29(記) 

2013.3.28
外では半袖でいいくらいの暖かさ。午前中は自然教育園に行き、午後からは中目黒の公園に行く。

自然教育園では、カタクリの花が終わりかけ、ニリンソウが咲き始めていた。ツマキチョウがちょっとだけ飛んでいたが、まるでとまらない。飛翔撮影を試みるが、設定ミスばかりしていた。キタキチョウが黄色いノウルシの花の前で絡んでいたのもボツ。自然教育園ならではの吸蜜を撮っておく。スミレは普通だが、この2つの花への吸蜜はそう多くはないと思う。今季初のベニシジミはやってきたが、すぐキタテハに追い立てられ、どこかに行ってしまった。
a0181059_2073090.jpg

中目黒の公園。本命を探すもののまだいなかった。モンシロチョウがぼちぼち、キタテハがテリ張り争いというところ。ここでも飛翔を試みる。モンシロチョウは何とかなったが、キタテハは露出不足。そもそも、ツマキチョウの白がとばないようにアンダー設定なので、そのままではムリだった。そうしているうち、ユキヤナギにまとわりついているツマキチョウを見つけた。そのうち、いい場所を見つけたのかとまって翅を閉じた。以前にも何度かユキヤナギで休むもを見たことがある。この花が保護色であることを自覚しているらしい。目を離すとわからなくなる。
a0181059_2014783.jpg

ここへ来る前、モンキチョウを何度か見たけれど撮影できず残念だったが、目の前に突然現れた。最初はヒメオドリコソウで吸蜜したが、すぐ園芸種の花に移り長く吸蜜していた。飛び去った後、追いかけると今度はタンポポ。やっぱり園芸種よりタンポポのほうがいいですね。
a0181059_20405917.jpg


やっと、近所でベニシジミとモンキチョウが出てきたが、どちらもそう多くはない。ベニシジミの食草はあまりないにしてもモンキチョウの食草くらいはどこでも生えているので、ちょっと不思議な気がする。桜の満開になり、これで、やっと都内も春です。

by otto-N | 2013-03-29 20:43 | Comments(4)
Commented by maximiechan at 2013-03-29 22:58
ツマキチョウを既に撮影されていて羨ましいです。
私はまだ1♂が飛んでいるのを見ただけ。
モンキチョウもきれいですね。
園芸種ではあっても色合いがいいので、絵として見栄えがよいです。
Commented by otto-N at 2013-03-30 21:48 x
maximiechanさん、ツマキチョウはこれからどんどん出てきますので、焦る必要がないです。
ツマキチョウの好きなムラサキケマンとかジロボウエンゴサクとかの花はこれからなので楽しみになりますね。
モンキチョウは今季初でしたので気合がはいりましたが、不細工でも野生種の花の吸蜜が好みです。
でも、チョウはどんな園芸種が好きなのかを知っておくのもいいですね。
Commented by 22wn3288 at 2013-03-31 10:27 x
キタキチョウもいろいろな花で吸蜜するのですね。
ツマキチョウはたくさん発生しているようですね。
田舎では見ることが少なくなっています。
何とか探して写すことになっています。
Commented by otto-N at 2013-03-31 11:27 x
旅友さん、モンシロチョウもですが、キタキチョウは色んな花で蜜を吸っていますね。吸う花を選ばないのが、しぶとく繁殖するのに必要なのかもしれませんね。
ツマキチョウはまだ走りだと思います。ゆっくり探しましょう。こちらでは5月連休まで飛んでいます。
<< 2013.3.29 白金の森 ... まだ遡り! 2008.4.24... >>