たかがヤマト、されどヤマト

2013.5.31 横浜・ゼフの舞う公園 ミドリシジミ   2013.6.8(記)

2013.5.31
この日も横浜の公園に行く。眼下でのミドリシジミのオスの開翅を撮りたかったが、かなわず・・・

今日こそはと、羽化ポイントに駆けつけるもののまるで見つけることはできなかった。アカシジミもウラナミアカシジミもいない。ウラゴマダラシジミを2頭やっと見つけたが、すでに鮮度は落ちていた。
a0181059_2063530.jpg

昼すぎ、最初に回った小さな沼のほとりの羽化ポイントに行ったところ、数人が集まっていた。どんどん羽化しているという。もう10頭目以上だそうだ。そしてほとんどがメスとのこと。翅を開くことを期待して待った。とりあえず、横向きの写真を撮っておく。泥水の沼は、光によって茶色になったり、青くなったり、そんなに悪くはない。そして、ミドリシジミの縁毛も逆光で少しは虹色に輝いた。
a0181059_20122139.jpg

じっと待つのはつらいもの。正面顔も可愛い。顔よりもぽやぽや毛がいい。
a0181059_2026108.jpg

羽化したてのメス。アリにつきまとわれていた。しかし、この後、カナヘビが来て食べられてしまった。見ていた人がいた。
a0181059_20301892.jpg

たとえミドリシジミが開翅したとしても、このポイントでは完全に逆光。ほとんど翅を開かないうちに飛んでいってしまった。2頭だけアングルは悪かったが、撮ることができた。そのうちの1頭。AB型もしくはB型のメス。
a0181059_20175715.jpg

そして、O型。O型は人気がないようだけれど、どうしてどうして、光の当たり方によってはとても素晴らしい。密かに狙っていた。
a0181059_2021583.jpg

今季初めてのミズイロオナガシジミ。この日も会ったごまさんが、夕方、見つけてくれた。
a0181059_20303823.jpg


この日もミドリシジミのオスの開翅を眼下で見られなかった。それどころか、羽化したのはメスばかりだった。まだ、羽化は続くと思うけれど、もうミドリシジミは終盤らしかった。
(梅雨入りしたはずなのに、毎日天気がよく、連日外に出ており、たいした写真はないのだけれど、撮った写真の整理がおぼつかない)

P.S.
撮った画像をあまり見ず記事を上げたが、こんなのがあった。朝一番のルリシジミ♂の半開翅、擦れて種名不明のセセリ(チャバネと思う)、産卵場所を物色中のアカボシゴマダラ。夕方4時、2頭のミドリシジミの卍飛翔をMFで300ミリズームで撮ったら、1頭だけ写っていた。なんとか撮れるかもしれないと思った1コマ。
a0181059_120401.jpg


by otto-N | 2013-06-08 20:42 | Comments(4)
Commented by HOUNOKI at 2013-06-09 21:17 x
ミドリシジミの背景の色の違いで
ずいぶんイメージがちがいますね。
光によって、沼の色が変化するようですが
興味深い、試みですね。
Commented by otto-N at 2013-06-10 20:02 x
HOUNOKIさん、何頭ものミドリシジミが同時に羽化するこのポイントは幅5m。逆光の向こうは泥沼です。
いつ開く見守っていましたが、結局、開いたのはごく一部で、残念な日でした。
閉翅の横向き写真は、コレクションにしたいとは思わないのですが、こういう背景もOKかと思います。
Commented by naoggio at 2013-06-10 20:56 x
カナヘビに・・・ !
そんな事があるんですねえ。気の毒ですが仕方ありません。
私は昨日行きましたがやはり結果なし。
今年もミドリシジミは消化不良のまま終了です(涙)。
Commented by otto-N at 2013-06-11 12:08 x
naoggioさん、次々と飛び立ってしまい、最後の切り札でした。翅が少しは伸びたかなと思ったら、見当たらずでした。
ここのミドリシジミは、毎週土曜日が当たり日だったようですね。
<< 2013.6.4 山梨県・今倉... 2013.5.29 横浜・ゼフ... >>