たかがヤマト、されどヤマト

2013.7.16 群馬県・浅間高原 ミヤマシロチョウ   2013.7.22(記)

2013.7.16-7.20
7月16日から、梅雨明けの長野県白馬村に4泊し、日帰りの登山。連日の登山はムリだと思うので、その合間にチョウ探しを目論んだ。でも、ゼフは今年はすでに時期遅れ、それでも東京よりは何かいるだろう。

2013.7.16
夕方までに白馬に入ればいいので、少し遠回りになるけれど、急遽、ミヤマシロチョウのいる浅間高原に寄ることにした。自宅を8時40分に出て(いたって遅い)、12時ころ峠の駐車場に着く。昨年は、ミヤマモンキチョウを撮っているので、湿原の方はパスし、ミヤマモンキチョウがいるという斜面を登る。牛のいる斜面にはモンキチョウとウラギンヒョウモンが飛び回っていた。途中、フタスジチョウが飛んでいたけれど、全然とまってくれなかった。登り切ったところにいたコチャバネセセリとヒメキマダラセセリ、それとクロヒカゲのオスとメス。きれいなルリシジミのメスが開翅したが撮り損ねた。
a0181059_20142579.jpg

ミヤマシロチョウのいるという場所に入ったが、なにも飛んでいない。広い場所なのでもっと棲息地は限定されているのかと思って奥に進んでいくと、1頭飛んでいた。追いかけるとフウロにとまり吸蜜した。
a0181059_16494588.jpg

ミヤマシロチョウは、エゾシロチョウとウスバシロチョウの中間の印象。飛び方はまるでウスバシロチョウだった。
a0181059_16514325.jpg

1頭を追いかけているうち、次々と飛んでくるようになった。少し前までは日射しがなかったためかもしれない。フウロの花が大好きなようだが、他の花でも吸蜜していた。
a0181059_170689.jpg

でも、翅を全開にすることはなかったし、みんな似たような写真しか撮れなかった。
a0181059_1714694.jpg

少し飽きたので、もう1台のデジイチを広角ズームに取り換え、飛翔を撮ってみた。
a0181059_1741486.jpg

山をバックに撮りたかったが、茂みが邪魔でなかなかいいところへ来てくれなかったし、逆光。空バックもいいのがなかったけれど、ピントが合っていたものをトリミングして並べると、雰囲気だけは伝わってくるような気がする。この撮影中に「浅間の煙」さんにお会いした。この日撮られた氏の飛翔画像はさすがです。
a0181059_1743461.jpg

こちらへ向かってきた1枚と、
a0181059_17111654.jpg

横に飛んでいった1枚が、ちょっと良かった(自分としては)。
a0181059_17113532.jpg

でも、マクロ撮影にはかなわない。
a0181059_17154798.jpg

これはメスだと思うが、エゾシロチョウにはない透明感、美しいと思った。
a0181059_17161095.jpg

ミヤマシロチョウの他にコヒョウモンも飛んでいたが、なかなかとまってくれなかった。やっと1枚だけ撮れた。
a0181059_17211227.jpg

他にはミヤマモンキチョウ。これも1枚だけ。
a0181059_17211083.jpg

ミヤマモンキチョウをもう少し撮りたいと思っていたら、オスとメスの絡み。バッチリ撮れた、やった!と思ったけれど、白馬のホテルで見たらガックリ。ただのモンキチョウだった。
a0181059_17263092.jpg

妻は花を写生していたようだけど、さすがに飽きたらしい。もう少し撮りたかったが、2時をすぎたので山を下りた。(このときは、まだモンキとは知らなかった)
長野経由で白馬のホテルに着いたのは4時ころ。ビールを飲んでから、近くのスキーゲレンデに向かう。昨年、ヒメシジミがいた場所は、スレばかりだった。少し登ると、残照を浴びるウラギンヒョウモンとコキマダラセセリ。
a0181059_173857100.jpg

日陰で開翅していたコキマダラセセリ(と思うが)、都心では見られない。飛んでいるときゼフかと思ったがルリシジミだった。
a0181059_1739454.jpg

両側が林になっている狭いゲレンデ。ヒメシジミが少しいたので、綺麗な個体を探す。
a0181059_17392967.jpg

薄暗い中、翅を拡げたオス。ヒメシジミは、少し山に入るとこんなに多いとは知らなかったが、とても綺麗なシジミチョウだと思う。
a0181059_1741223.jpg

ヒメシジミを撮っていたら、樹上にゼフが舞っていた。飛び方からアカシジミというところか。素早く飛び回るミドリ系もいた。それより、ピカピカの飛翔体が樹上に消えた。ウラクロだと思った。

by otto-N | 2013-07-22 18:04 | Comments(6)
Commented by himeoo27 at 2013-07-22 21:10
里山のチョウを満喫したヒメオオですが、
亜高山に生息するチョウもとても素敵で
すね!
Commented by otto-N at 2013-07-23 19:30 x
himeooさん、夕方までに白馬に行けばよかったので、途中、山梨で中央道をおり、オオムラサキと「翁」の蕎麦という手がありました。
しかし、ポイントがわからないので、こちらの涼しい方に回りました。
ミヤマシロチョウのメスには感服です。
Commented by Sippo5655 at 2013-07-23 20:25
ミヤマシロチョウ、たくさん楽しまれたようで、何よりでしたね!
いろんなチョウ・・・それも、東京では会えないチョウに会えるから
それだけでも、楽しいですよね。
飛翔シーンもこれだけ撮られれば充分素敵ですっ
絡みは、モンキチョウ・・・でしたかぁ~^^
そうそう、ルリシジミも樹上が好き
私も時折ゼフと思ってしまいます><
Commented by otto-N at 2013-07-23 21:58 x
Sippo☆さん、同じ都心に住む身、よくわかってらっしゃる。
ちょっと山の中に入れば、東京にはあまりいないチョウばかりで、嬉しくなってしまいますよねっ。
飛翔撮影は、結構楽しいことに気がつきました。2台のデジイチは少し重くて不便ですが。
モンキチョウ、実は、老眼が進み、モニターは眼鏡なしではよく見えないんです(笑)。
Commented by Shin at 2013-07-24 05:34 x
ことしはエゾシロの園にいてミヤマシロの地にはいけませんでした。
チョウ探査と言う意味ではまったく目的を果たしていませんが、涼しさだけが満喫できました。
Commented by otto-N at 2013-07-24 13:04 x
Shinさん、エゾシロとミヤマシロの違いは判りましたか?
実は、エゾシロのほうがいいと思ってましたが、ミヤマシロのメスを見て少し変わりました。
その辺は、チョウがあまりいないでしょう。プチ遠征したらどうでしょうか。
<< 2013.7.17 長野県・北... 2013.7.15 東京・恵比... >>