たかがヤマト、されどヤマト

2013.9.19 白金の森 ムラサキシジミ   2013.9.26(記)

2013.9.19
この日もさわやかな晴れ。自然教育園ではミドリヒョウモンが現れたので、そろそろ、他の秋のチョウが出てくる頃、といっても、あまり期待してはいけない。

今年はヒメジャノメは少なかったが、1頭出てきた。このところ多いヒカゲチョウとコミスジ、傷んだ個体が多いけれど、これらはまあまあ。
a0181059_12395020.jpg

自然教育園での秋の楽しみの1つ、ムラサキシジミ。いつものポイントにメスが1頭だけ現れた。気温が低めでからっと晴れたので翅を開いたものらしい。
a0181059_12401628.jpg

アザミの花には、ときどきアゲハの類がやってきたけれど、翅の傷み方から、前日の個体と同じようだった。
a0181059_12473592.jpg

キタキチョウは草の間に入ってメスを探すときは、ゆっくり飛ぶ。
a0181059_13244551.jpg

秋の萩の花といえば、ルリシジミ。オスも飛び回っていたけど、速くて撮れなかった。
a0181059_1384839.jpg


2013.9.20
次の日も、からっとした晴天。こんな日は、ムラサキシジミは翅を開く。どういうわけか、毎年、オスは秋が深まってからしか現れない。
a0181059_13365276.jpg

ヒガンバナがところどころに咲いており、アゲハチョウが来ていた。
a0181059_13283879.jpg

少し暗いところには、ヒカゲチョウが飛び交っている。
a0181059_1330553.jpg

来るたびに見かけるカラスアゲハのメス。
a0181059_13312462.jpg

かなり痛々しいが、若かりし頃はさぞかし綺麗だったんだろうなぁと思いながら撮影した。
a0181059_1331506.jpg


自然教育園にはタイアザミが咲き始め、そろそろアサギマダラがやってくるころ。オオウラギンスジヒョウモンも産卵に現れるはずだ。もう、ウラナミシジミが押しかけてくるころだが、まだ1頭しか、ここでは見ていない。一番の期待はムラサキツバメなのだが、昨年はさっぱりだったのでとても心配。でも、ムラサキシジミの出足がいいので、少しは期待することにしよう。

by otto-N | 2013-09-26 14:03 | Comments(2)
Commented by himeoo27 at 2013-09-29 14:28
昨日はお世話になりました。
上手く撮れませんでしたが、最初に出逢ったヤマトシジミ青メスと
最後に登場したアサギマダラ雌はとても嬉しかったです。
Commented by otto-N at 2013-09-29 19:51 x
himeooさん、こちらこそありがとうございました。
ヤマトの青メス、レインボウ・リフレクションが綺麗に出てますね。
それにしても、もうこんな青いのがいるとは、ビックリでした。
アサギマダラは、真打の登場といった感じでよかったです。
私のほうは、この前日の画像(同じ教育園)の整理がまだ済んでません。
<< 2013.9.27 白金の森 ... 2013.9.18 白金の森 ... >>