たかがヤマト、されどヤマト

2013.10.3 白金の森 ヤマトシジミ   2013.10.5(記)

2013.10.3
台風が過ぎ去った後、アサギマダラがもう少し増えているかもしれないと、自然教育園に行く。その前に、隣の公園を覗いてみた。

キツネノマゴ、イノコヅチの咲いている茂み、咲いているといってもよく見ないと判らないほどの小さな花だが、とにかく、この日はウラナミシジミは1頭も来なかった。その代わり、ヤマトシジミの青いメスを見つけたので、しっかり遊んでもらった。青いことは飛んでいるときにわかったのだけれど、日射しが強く、気温が高く(この日の最高気温は29℃)、湿度も高かったので、吸蜜しても、翅を開かない。そこで・・・。
a0181059_1032619.jpg

キツネノマゴにも吸蜜するが、ほとんどはイノコヅチに吸蜜する。先日のウラナミシジミと同様に、吸蜜時間も長く、花から花へゆっくりと飛び回っていた(比較的ね)。どうやら、この個体、右の前翅に傷が1本。
a0181059_10322547.jpg

最初は、翅を全く開いてくれなかったが、日が少し薄くなったとき、半分だけ開いてくれた。このアングルでは絞りを開けすぎていた。頭部分しかはっきり写っていない。
a0181059_10403419.jpg

イノコヅチではやはり淋しいけれど、今秋の青メス第2号。
a0181059_10411495.jpg

やはり、ピンクのキツネノマゴに来て欲しかった。3コマ目は、茂みの奥に翅を開いていたほとんど青くないメス。
a0181059_1041455.jpg

最後はオスに絡まれてどこかに飛んでいってしまったけれど、ムラサキシジミもイノコヅチに吸蜜しにきていた。これも、ちょっと追跡。飛んだりとまったり、右手に広角ズーム、左肩に100ミリマクロ。結局、とまって翅を開いても、左肩からカメラを外し、右手に持ち帰るときに、チャンスを逸してしまう。どちらかに専念しないとダメなようだ。
a0181059_10501760.jpg

珍しくこの茂みに出てきたヒメジャノメ、いつも飛び回っているキタキチョウ。キタキチョウの黄色い翅は色を出すのが難しい。飛翔は、読み込みにすぐ詰まってしまうのでJPEGだけで撮っている。今のところ補正はこれでめいっぱい。黒縁が薄い個体だった。
a0181059_10582795.jpg


さて、そろそろ、ヤマト青メスのシーズンに入ったようだ。青メスのスーパーブルーの新鮮個体をなんとかしたいが、もう少し寒くなってからかな、と思っても、もうこんなに青いのが出ている。油断は禁物かもしれない。ムラサキシジミは、昨年より多いようだ。昨年少なかったムラサキツバメも、今秋は多いことを期待しているけれど、さてどうなるだろうか。

by otto-N | 2013-10-05 14:20 | Comments(2)
Commented by himeoo27 at 2013-10-06 12:45
ヤマトシジミ雌さらに蒼がのってきましたね!
今週は撮影出来なかったので来週末に挑戦
してみたいです。
Commented by otto-N at 2013-10-06 20:35 x
himeooさん、晴れているときは他のチョウ、曇っているときはヤマトシジミのメスです。
スーパーブルー、さらにウルトラブルーを探しましょう。
日が薄いほど、ブルーが輝きます。
<< 2013.10.3 白金の森 ... 2013.9.30 白金の森 ... >>