たかがヤマト、されどヤマト

2013.10.21 東京・目黒区の公園 ウラナミシジミ   2013.10.26(記)

2013.10.21
横浜でカバマダラを撮影した後、1つ手前の駅で降り、春先にツバメシジミが出る公園に寄ってみた。この時期、園芸種だがウラナミシジミが集まる紫色の花がある。しかし、花は咲いていたけど、ボロボロのウラナミシジミが2、3頭いただけだった。

小さなヒマワリ?にヒメアカタテハが来ていた。奥には少しセイダカアワダチソウがあり、ルリシジミ。やはり、翅は開かなかった。
a0181059_1222492.jpg

この公園は、よく手入れされた広い芝生があり、ボランティアの方々が造られた立派な花壇があるけれど、ツバメシジミの発生する場所は、わざと手をいれていない叢。少し前に来たときは、メドハギが目立ったけれど、クズの葉で覆われていた。クズと言えば、ウラナミシジミ。センダングサもあり、きれいなメスがいた。内側の青鱗粉がよく輝く位置を探した。
a0181059_1955308.jpg

センダングサにまつわりつくウラナミシジミは、撮りやすい。内側は青く煌めく。ゼフのB型のようだ。
a0181059_1212446.jpg

この藪に入って、草の種だらけになってしまった。
a0181059_12123895.jpg

キチョウやヤマトシジミも飛んでいた。先ほどのルリシジミも追いかけたが、ニアピン賞ばかりでボツ。
a0181059_12213642.jpg

このウラナミシジミは、朝、自然教育園の隣で撮ったもの。翅に生えている剛毛に感動。3枚も詰め込んだので、クリックして拡大しないと見えないかな。
a0181059_12241756.jpg


春先にこの公園で、ツバメシジミの青いメスを撮るのが恒例になっている。ツバメシジミの背景は枯れた草。青く輝く鱗粉がとても映える枯草だが、もう少し草を残してほしいと思っていた。しかし、この雑多な草がぼうぼうと茂っているのを見て、ある部分だけを残してほしいだなんて、こちらの身勝手。大変な手間だと悟った。これから草刈りが入ることだろうが、この公園のボランティアさんに感謝です。

by otto-N | 2013-10-26 16:00 | Comments(4)
Commented by himeoo27 at 2013-10-26 19:54
横浜カバマダラの公園の近くに面白い場所がある
ものなんですね!私も何時か春先に訪問してみた
いです。
Commented by HOUNOKI at 2013-10-26 21:49 x
こんばんは。
ウラナミシジミの表翅の美しさが、
余すことなく表現されていますね。
飛翔も小さな写真では、わかりませんが、
拡大して見ると、とても素敵ですね。
ottoさんのこだわりが少しだけ理解できました。
Commented by otto-N at 2013-10-27 18:09 x
himeooさん、この公園は自宅近く、目黒区にあります。
春先にツバメシジミが発生したら、お知らせします。
と言いながら、来年出てこなかったらどうしようか、ちょっと不安ではありますが。
Commented by otto-N at 2013-10-27 18:18 x
HOUNOKIさん、ウラナミシジミは、光の当たり方しだいで大変身しますね。
今回、もう少し粘りたかったのですが、ここまででした。
飛翔写真は、シャッタースピードが速いので、曇っていると露出不足になり、あまり大きくはできません。
こんな環境の中で撮っていたというだけの証拠写真です。
<< 2013.10.22 東京・恵... 2013.10.21 横浜・カ... >>