たかがヤマト、されどヤマト

2013.10.28 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2013.10.31(記)

2013.10.28
晴れて寒い。こんな日は自然教育園ではムラサキが出ているはず。しかし、月曜なので休園日。しかたがなく、隣接する公園に行く。そろそろ、太陽が低くなってきた。寄ると影に入るので、100ミリマクロには1.4のテレコンをかませた。しかし、こうすると純正品だというのにオートフォーカスが効かない。

気温が低いせいか、晴れているのにヤマトシジミが出てきていない。ベンチに腰掛け、しばらく待ったがいっこうに飛んでこない。少し気温が上がったかなと思ったころ、やっと、樹上にウラギンシジミが飛び回り始めた。ということは、そろそろムラサキシジミが出てくるはず。このころになって、ヤマトシジミはようやく1頭、くたびれたオスが出てきた。ムラサキシジミもチラチラしはじめ、低いところへ降りてきた。そして、開翅。メスだった。飛んでいるのを追いかけたが、距離が足りなく全然ダメだった。結局、ムラサキシジミは3回の遭遇。すべてメス。翅の傷から、どうやらそれぞれ別の個体のようだった。
a0181059_1349501.jpg

この場所は、スーパーブルーがよく出てくるのだけれど、現れたのは青くないこの1頭だけだった。
a0181059_1350728.jpg


ムラサキシジミも出てこなくなったので、自宅に戻る。その前にSビール本社前に寄った。相変わらずヤマトシジミは園芸種に集まっていた。その中で、これはと思うものを撮る。
a0181059_13544599.jpg

この時期のオスは綺麗だ。ピカピカ光る。
a0181059_13564735.jpg

青いメス。ときどき、気まぐれでイヌタデにも来る。
a0181059_1410642.jpg

晴れていると、せっかくのブルーも暗くしか写らないけれど、イヌタデ吸蜜はとても嬉しい。
a0181059_13591427.jpg


後日、教育園でムラサキツバメが出たことを知る。昨年は、ムラシもムラツもほんとに少なかった。今年は多いような気がするが、どうなるか、やはり不安。ヤマトシジミは、最大のポイントが工事中、今日も工事フェンスの外側にはいなかった。頼りになるのは、この花壇の片すみのイヌタデの花だけ。ちょっとばかり淋しいが、なんとかなるだろう。

by otto-N | 2013-10-31 21:35 | Comments(4)
Commented by himeoo27 at 2013-11-02 13:37
ヤマトシジミはこれから期待できそうですね!
ムラサキツバメ今年はこちら埼玉県南部でも多そうで
先日私の自宅の壁に止まって日向ぼっこしていました。
Commented by Favonius at 2013-11-02 16:22 x
今日は生憎の天候で無念です。
明日に期待ですが、昨年は雄に美しい青鱗個体を追い掛け回され散々でした。
両ムラサキ前にスーパーブルーを撮りたいですね。
Commented by otto-N at 2013-11-02 20:00 x
himeooさん、メスはこれから青い面積が増してくるはずです。
薄曇りの日はヤマト、晴れたらムラサキ2兄弟を探しています。
自宅でムラツは、いいですねぇ。
教育園で、昨日やっと1頭見つけました。
Commented by otto-N at 2013-11-02 20:13 x
Favoniusさん、寒かったと思ったら、最高気温は17℃しかなかったようです。
明日は、大丈夫そうです。
確かに、一番の強敵はオスですね。逃げおおせたときはホッとします。
スーパーブルーはこれから出るはずですが、ウルトラブルーの新鮮なもの(いつもスレ個体)を撮ってみたいものです。
<< 2013.10.30 埼玉県・... 2013.10.22 東京・恵... >>