たかがヤマト、されどヤマト

2013.11.1 白金の森 ムラサキツバメ   2013.11.7(記)

2013.11.1
さて、11月。朝から晴れ。ムラツはまだかぁー、と自然教育園に出向く。

自然教育園では、ムラサキシジミはあちらこちらで見られるが、ムラサキツバメの出る場所はかなり限定される。マテバシイ自体が目につく所にはないので、近くから飛んでくるのかもしれないが、それはさておき、ムラサキシジミの高出現ポイントは、ムラサキツバメと同じ場所。カラッと晴れた日の午前中、日が当たる地面に下りてくる。

昨年は、さっぱりだったのに、ムラサキシジミがよく出てきてくれた。2コマ目、ムラサキツバメは斜めになって日光浴することがあるけれど、ムラサキシジミでも見られた。斜めになっていた時間はそう長くはなかったが。
a0181059_1495925.jpg

オスは今季初めて。どういうわけか、毎年、メスのほうを先に見る。
a0181059_1419545.jpg

ムラサキが輝く位置に回り込んで撮るのだけれど、回り込めないと翅の傷みが目立つ。
a0181059_14101980.jpg

同じ個体もダブって撮っていると思うが、この日はメスよりオスが多かった。
a0181059_14103522.jpg

ほとんど正面。このブルーは輝きすぎ。
a0181059_14233285.jpg

オスの深いブルーのほうが好きだが、メスの明るいブルーも魅力的。
a0181059_142379.jpg

ムラサキシジミはたくさん出てきたけれど、肝心のムラサキツバメは全然あらわれなかった。園内を一巡してから帰るつもりで、ポイントに戻ると、今まで日に当たっていなかった場所に日が当たり始め、1頭が落着きがなく飛び回っていた。そのうち、低い葉にとまった。まず望遠で撮影し、距離を詰めながら開くのを待つ。そして、開いた。時間は11時50分。
a0181059_14363445.jpg

とても綺麗なメスだった。さらに近づき、マクロで撮影。たっぷり日を浴びた後、あっさりと飛んでいった。
a0181059_14375557.jpg

この日撮った他のチョウたち。ツマグロヒョウモン、イチモンジセセリ。妙にオレンジ色したウラギンシジミ。
a0181059_1438133.jpg


昨年は、教育園のムラサキツバメはさっぱりだったけれど、今年は現れた。これからも確実に出てくれるかどうかはわからないが、まだまだチャンスがありそうだ。

by otto-N | 2013-11-07 21:58 | Comments(2)
Commented by Shin at 2013-11-08 20:02 x
あちこち出かけてホームグランドがほとんど留守になってしまい、ムラサキに遭遇できたのはたった1日限りになりそうです
つぎに訪問できるのは来週の火曜日以降・・・時すでに遅しかも?
Commented by otto-N at 2013-11-08 22:00 x
Shinさん、前々日はオス、今日はメスが出てきました。
1日1頭ずつですが、来週まで、細々とでも出続けることを祈ります。
E-M1の真価を、ぜひ試してほしいですからね。
これを逃すと、来年になっちゃいます。
<< 2013.11.6 白金の森 ... 2013.10.31 新潟県・... >>